Search

【ダンベルフライ】ただ開閉するだけで効いてるの?トドメの一押しが肝心

 

大胸筋トレーニングの仕上げアイソレーション種目(単関節運動)として、また大胸筋内側に効果的なダンベルフライですが、たった一つのポイントに注意するかしないかで、効き方に大きな差がでます。


ダンベルフライの一般的な動作イメージはこのようなものです。

まずは、腕を広げてダンベルを下ろします。

そして、閉じます。これで1レップです。

たしかに、これだけでもそれなりに効きます。大胸筋全体の仕上げとしては、十分とも言えるでしょう。

でも、せっかく苦しい思いをして1セットを行うのなら、とことん効かせたいですよね。特に、大胸筋内側にはしっかり効かせたいものです。

そこで、非常に重要なテクニックが下図のようなものです。

フィニッシュポジションでダンベルとダンベルを押しつけるように腕を閉め、さらにそこからダンベルをもう一押し突き上げてください。

これにより、大胸筋内側が完全収縮し、焼けつくような効きを体感することができるでしょう。

また、さらに高度なテクニックとして、下図のように、ダンベルをトレーニングチューブでつなぎ、チューブをベンチ背面に通してダンベルフライをし、フィニッシュの突き上げをチューブの反発力に抵抗して行うことで、さらなる効果を得ることができます。

ぜひ、お試しください。

■発想の筋トレ

●目からうろこのコラム記事集

 

大好評の発想と工夫の筋トレシリーズを一覧にまとめました。

うまく効かせられない筋トレ種目がある時は、ぜひ、参考にしてください。

【効率的な筋トレ】まだそのやり方で消耗してるの?目からウロコのコラム記事集



スポンサーリンク


※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。

※当サイトでは厚生労働省・Wikipediaなどの公共性・信頼性の高いサイトの情報を元に科学的な根拠(エビデンス)を担保しています。それらについてはこちらの一覧をご参照ください。

トップ競技者が開発・選定する高品質ギア





スポンサーリンク


アームレスリング器具とパワーリフティングギア専門店

ヨーロッパ発世界ブランド