【ケーブルプレスダウン】アタッチメントにより効果のある上腕三頭筋の部位の違い



ケーブルプレスダウン(トライセプスプッシュダウン)は上腕三頭筋の仕上げトレーニングに最適なアイソレーション種目(単関節運動)です。本種目はアタッチメントの種類により、上腕三頭筋のなかでも効果のある筋肉部位が変化しますので、そのバリエーションを動画をまじえて解説します。



■ケーブルプレスダウンが効果のある筋肉部位

●上腕三頭筋の英語名称・構造・部位詳細・起始停止



読みかた:じょうわんさんとうきん
英語名称:triceps
部位詳細:長頭外側頭内側頭
起始:肩甲骨関節下結節上腕骨後面上腕骨後面
停止:尺骨肘頭

ケーブルプレスダウンは上腕三頭筋に効果がありますが、そのアタッチメントやグリップ方法により効果のある部位が長頭・短頭(内側頭・外側頭)と変化します。

■上腕三頭筋短頭に効果のあるケーブルプレスダウン



ストレートアタッチメントで行う、手を水平にグリップするケーブルプレスダウンは上腕三頭筋のなかでも外側に位置する短頭(内側頭・外側頭)に効果があります。

◆ケーブルプレスダウンのやり方と動作ポイント
①マシンに正対し、バーをグリップし、肘を腰の横で曲げて構える

②肘の位置を動かさないように気をつけて、バーを押し下げていく

③バーを押し下げたら、しっかりと肘を伸ばして上腕三頭筋を完全収縮させる

④張力に耐えながら、筋肉に効かせつつ元に戻る

◆ワンポイントアドバイス
前のめりになって動作を行うと、体重を乗せてウエイトを動かしているだけになるので、肘から先だけの動作で扱える重量設定で行ってください。

●ストレートバーアタッチメント



こちらがストレートバータイプのアタッチメントです。

■上腕三頭筋長頭に効果のあるケーブルプレスダウン



Vバーアタッチメントやロープアタッチメントで行う、手を縦にグリップするケーブルプレスダウンは上腕三頭筋のなかでも内側に位置する長頭に効果があります。

特にローププレスダウンでは、フィニッシュポジションで手をやや回内(手の平を後ろに向ける方向)旋回しつつ外側に広げることで、上腕三頭筋長頭が完全収縮します。

●Vバーアタッチメント



こちらがVバーアタッチメントと呼ばれるもので、ストレートバーのように水平グリップから縦持ちグリップまで対応でき、トライセプスプレスダウンの基本となるアタッチメントです。

●ロープアタッチメント



こちらはロープアタッチメントと呼ばれるものですが、上腕二頭筋・カール系種目用(短いタイプ)のものと、上腕三頭筋・プレスダウン系種目用(長いタイプ)のものがありますので、間違わないように注意してください。



シングルハンドアタッチメントをリバースグリップで握り、片手ずつ行うケーブルプレスダウンも上腕三頭筋長頭に効果的です。こちらも上記の旋回運動を取り入れることで効果が倍増します。

●シングルハンドアタッチメント



こちらがシングルハンドアタッチメントです。さまざまな種目の細かい仕上げに重宝します。

■ジムトレーナーとしての実際の指導ポイント



ケーブルプレスダウンは、肘の位置を前後に動かしてしまうと、プルオーバー系の動作になってしまい、負荷が大胸筋や広背筋に逃げてしまいます。

しっかりと肘の位置を固定し、肘から先だけで動作をすることが大切です。

また、前のめりになってしまうと、上腕三頭筋の筋力ではなく、体重でウエイトを押し込むことになるので非効率です。真っ直ぐに立って構え、体重をかけないように気をつけてください。

■ケーブルプレスダウンの順番と回数設定



ケーブルプレスダウンは、上腕三頭筋の仕上げ向きの種目であり単関節運動なので、プレス系などの複合関節運動、プレスダウン系の中負荷単関節運動の後に、軽めの重量でゆっくりとした動作で効かせるようにします。

また、適切な1セットの負荷回数設定は以下の通りです。

○筋肥大トレーニング:6~10回
○通常トレーニング:15回前後
○ダイエット筋トレ:20回以上

■筋肉の名称と作用



身体を鍛えていく上で、まず理解したいのが全身の主な筋肉の名称と作用です。それぞれの筋肉の役割を知ることで、効率のよいトレーニングを行うことが可能になります。

▼筋肉名称デジタル図鑑

【筋肉名称デジタル図鑑】各部位の名前・作用・筋トレ方法(鍛え方)

■身体を鍛えたら食事にも気を使う



筋トレの効果を高める食事や栄養の知識がなければ、いくらトレーニングだけを頑張っても大きな効果は得られません。下記の記事では、三大栄養素に関する基礎知識から、筋トレ目的別の食事メニューの基本理論、具体的な食品食材、実際の筋肥大期と減量期の食事レシピを解説・ご紹介しています。

▼筋トレの効果を高める食事

【目的別筋トレ食事メニュー例】増量期・減量期の食品と具体的レシピを紹介


※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。

※当サイトでは厚生労働省・Wikipediaなどの公共性・信頼性の高いサイトの情報を元に科学的な根拠(エビデンス)を担保しています。それらについてはこちらの一覧をご参照ください。



スポンサーリンク