SuperFitness for Power+Health,ExpertSite
スマホ最適化・高速表示低パケット
仲介業者を通さず直接輸入でリーズナブル

Search

ハヤテの戦闘記録(Battle record of HAYATE)|格闘技親子の20年の記録~全日本メダリストへの道~

 

当サイト客員監修者である、五輪種目テコンドー全日本メダリスト・強化指定選手(2020~2021年)の上岡颯選手と、父でありフィジカルトレーナーの当サイト責任者・上岡岳の二人三脚で進んできた、颯選手が全日本メダリストに至るまでの20年にわたる記録です。

空手やテコンドーなど打撃格闘技に励むジュニア選手の方々およびその保護者の方々の参考になればと思い、その20年の記録をここに公開します。

ハヤテの戦闘記録・記事一覧

記事本文 様々な事情から一度は息子ハヤテの成長記録≒「ハヤテの戦闘記録」を全て削除しました。 まだ高2ながら五輪代表選考会や一般全日本選手権にも出場し、想像以上に注視される身であり、戦う相手も影響力のある有名選手ばかりになってきましたので。 しかし、彼は東京に進学する予定なので、...
記事本文 小学校2年生でテコンドーに転向し、その翌年には東海オープン優勝から全日本ジュニア初出場ベスト8と幸先のよいスタートをきったハヤテでした。 しかし、何事も甘くはありません。その翌年の小学校4年では愛知県選手権3位とすれすれで全日本ジュニア出場権を得たものの、初戦で敗退し、...
記事本文 小学校6年生になり、春のJapan Open国際二連覇、愛知県選手権優勝と無敗で小学校最後の全日本ジュニアをむかえたハヤテでした。
記事本文 小学生最後の年は、全日本ジュニアで戦績が残せなかったものの、JapanOpen国際二連覇、愛知県王者、東日本王者とまずまずの戦績で中学生になったハヤテでした。
記事本文 中学生になってからのハヤテは、大きく勝つ時もあれば、ぽかっと一回戦で負ける時もあるというムラが目立ちました。 先生が言うには、身体能力は高いものの、「心がまだできていない」とのことでした。
  記事本文 中学校2年生になり、最初の試合はJapanOpen国際でした。 前年の不可解な判定による王者陥落から一年、臥薪嘗胆の思いで、突き詰めて親子で過ごしてきました。 その過程で、ハヤテも格闘家としての本質に目覚めつつありました。
記事本文 中学生二年生のハヤテはJapanOpen国際優勝から勢いに乗り、夏の全日本ジュニアのメダル再奪取にむかいました。 年齢的にU12の年齢をすぎ、一からU17の強化指定を取り直さなければいけない一戦でした。
記事本文 ハヤテが、中学三年生になってすぐ迎えた試合がディフェンディングチャンピオンとして臨むJapanOPEN国際でした。
記事本文 JapanOpen国際を連覇V4で終え、幸先のよいスタートをきった、ハヤテにとって中学生最後のシーズンでした。
記事本文 中学生最後の一戦から10ヶ月、無事に志望校に合格し高校生になったハヤテの復帰戦は全日本ジュニアの予選でもある愛知県選手権でした。 ハヤテの出場階級には、当時ジュニア日本代表の選手がおり、他の選手は対戦を避けて他階級に出場したため、一騎打ちの予定となり、復帰戦としては非常...
記事本文 高校一年生での復帰戦となった愛知県選手権を連覇し、JapanOPEN国際も連覇と好調で迎えた夏のJOC全日本ジュニアは、トップシード=トーナメント表の一番下(全試合赤防具)という、優勝候補として臨むことになりました。
記事本文 高校一年生の夏の全日本ジュニア敗退から数ヶ月、大阪で開催された西日本最大規模のオープン大会に出場したハヤテでした。
記事本文 夏の全日本ジュニア敗退により、冬の全日本選手権出場権を逃したハヤテが臨んだのは、秋の東日本地区大会でした。
記事本文 高校一年生での最年少全日本選手権出場を終えたハヤテは、高1冬~高2春にかけ、二つの大きなオープン大会に出場しました。
記事本文 高校二年生の公式戦シーズンは、初夏に行われる愛知県選手権ではじまりました。
記事本文 現在、東京のテコンドー名門大学に進学し、大学一年生で東日本地区チャンピオンのハヤテですが、今の彼の状況を決めた、幼少から戦い続けてきたジュニア選手としての集大成となった一戦が、高校二年生で臨んだJOCジュニアオリンピックカップ全日本選手権でした。
記事本文 全日本ジュニア選手権で準優勝し、全ての権利を手にしたハヤテでしたが、一つだけロストしたものがありました。
高2・高3と連続でJOC全日本ジュニア選手権のメダルを獲得したハヤテは、本人の希望通り、テコンドーの最名門大学の希望学科(スポーツ科学)に学費免除のスポーツ奨学生として進学することになりました。
記事本文 大学二年生に進学したハヤテの最初の公式戦は、夏の全日本学生選手権(インカレ)でした。
画像引用: 記事本文 3回生に進学したハヤテは、所属する大学のテコンドー部の主将となり、また、大学の入学案内パンフレットにも掲載されるなど、スポーツ奨学生としての責務を果...
記事本文 東京五輪日本代表選考会敗退から3ヶ月、ハヤテの胸中にはさまざまなものが去来したようです。
記事本文 2020年に全日本選手権で準優勝し、強化指定選手となったハヤテでしたが、世界は前代未聞のパンデミック・コロナ禍に見舞われ、予定されていた国際大会出場や国際強化合宿などは全てキャンセルされ、やるせない一年になりました。

上岡颯プローフィール


上岡颯選手の戦歴および監修記事については、下記のプロフィールページをご参照ください。


【監修者】テコンドー上岡颯選手・プロフィール

動画関係

右拳撃&左脚蹴撃


対USA選手・居合い左ハイ


強化指定選手の打撃理論

心臓撃ちの理論と実践


鎖骨撃ちの理論と実践


レバー蹴りの理論と実践


かかと落としの理論と実践


当サイト取り扱いUFCグッズ


五輪種目テコンドーの全日本メダリスト・強化指定選手である上岡颯選手が選定・推奨しているマウスピースなど格闘技用品(UFC製品)の一覧です。