Search

【筋トレ向きローストビーフの作り方】赤身牛肉で高タンパク低カロリーな時短レシピ

 

ローストビーフは高タンパク質低カロリーで、筋トレやダイエットの食事として最適ですが、自分で作るとさらに脂質をコントロールできます。

筋トレ向きローストビーフの牛肉部位や美味しい作り方をご紹介します。


■筋トレ向きローストビーフの材料

こちらが、今回のローストビーフの材料のアンガス牛「内もも肉」と焼肉のたれです。

内もも肉はヒレ肉についで脂身が少ない牛肉部位で、さらにヒレ肉に比べて安価なのでおすすめです。

一般的な外もも肉などのローストビーフのカロリー・栄養素は以下の通りです。

●一般的なローストビーフ100gあたりのカロリー・栄養素

エネルギー:196kcal
タンパク質:21.7g (86.8kcal)
脂質:11.7g (105.3kcal)
炭水化物:0.9g (3.6kcal)

また、内もも肉のカロリー・栄養素は以下の通りです。

●赤身牛肉(内もも肉)100gあたりのカロリー・栄養素

エネルギー:182kcal
タンパク質:21.2g (84.8kcal)
脂質:9.6g (86.4kcal)
炭水化物:0.5g (2kcal)

脂質カロリーが抑えられることが、おわかりいただけると思います。

■筋トレ向きローストビーフの作り方

●肉に塩コショウをするのではなくフライパンで煎る

ローストビーフ作りの最大のポイントは、いかに香りを良くするかですが、焼き方に一工夫すると一気に風味が上がります。

それは、「肉に塩コショウをする」のではなく、「フライパンに塩コショウして煎る(ローストする)」ことです。

フライパンに塩コショウをし、軽くローストして香りが高まったら、内もも肉のブロックを入れ、スライドさせて塩コショウを集めていきます。

この作業を四面とも行い、ローストされた塩コショウをつけていきます。

牛肉の表面には日常細菌がいますので、しっかりと赤身が残らないように焼いていきます。

表面を全て焼いたら、焼肉のたれをかけて焦がしながらなじませます。

●炙ることで風味が倍増する

ここで、もう一工夫をします。表面をクッキングバーナーで炙り、焦がし風味を高めるのです。

●ビニール袋で密閉して酸化を防ぐ

ローストビーフは焼き作業の後、一日程度寝かして味を染み込ませますが、今回は時短レシピですので、半日で済むように工夫をします。

鍋に水をはり、ビニール袋で包んだローストビーフを沈め、空気を抜いて簡易的なパウチをします。

これで、効率的に全面から味が染みていきますので、半日で十分美味しくなります。

そして、密閉することで、風味落ちの原因となる酸化も防げますので、まさに一石二鳥です。

あとは、冷蔵庫で半日寝かした後、薄切りにしていただきます。

是非、お試しください。

■時短ローストビーフの作り方



牛ヒレ肉のローストビーフは高タンパク質低カロリーで、筋トレ後には最適な食事メニューですが、通常は肉を焼いてから一晩寝かすのでスピーディーさに欠けるのが難点です。そこで今回は、作ってからすぐ食べられる時短ローストビーフの作り方をご紹介します。

【牛ヒレ肉の時短ローストビーフ】筋トレむきの赤身肉を美味しく食べる

■ローストビーフダイエット



スポンサーリンク


※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。

※当サイトでは厚生労働省・Wikipediaなどの公共性・信頼性の高いサイトの情報を元に科学的な根拠(エビデンス)を担保しています。それらについてはこちらの一覧をご参照ください。

トップ競技者が開発・選定する高品質ギア







スポンサーリンク


アームレスリング器具とパワーリフティングギア専門店

ヨーロッパ発世界ブランド