スマホ最適化・高速表示低パケットサイト
SuperFitness for Power+Health,ExpertSite

当サイト運営・トップ競技者厳選ショップ
生産工場から直接輸入のためリーズナブル

サイト内検索

【牛ヒレ肉の時短ローストビーフ】筋トレむきの赤身肉を美味しく食べる



牛ヒレ肉のローストビーフは高タンパク質低カロリーで、筋トレ後には最適な食事メニューですが、通常は肉を焼いてから一晩寝かすのでスピーディーさに欠けるのが難点です。そこで今回は、作ってからすぐ食べられる時短ローストビーフの作り方をご紹介します。


牛ヒレ肉のカロリー・栄養素

超高タンパク質低カロリーの優良食品



こちらが、今回の材料の牛ヒレ肉ブロックで、100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りになります。

エネルギー:133kcal
タンパク質:20.5g (82kcal)
脂質:4.8g (43.2kcal)
炭水化物:0.3g (1.2kcal)

超高タンパク質低カロリーで、まさに筋トレに最適な優良食品であることがわかります。

牛ヒレ肉の時短ローストビーフの作り方

フライパンで塩コショウを煎ってから肉を焼く



まずは、テフロン加工のフライパンに塩コショウを入れて煎ります。

一般的には肉に塩コショウをしてから焼きますが、先に塩コショウを空煎りすることでコショウの風味が倍増しますので、是非お試しください。



コショウの香ばしい薫りがしてきたら、牛ヒレ肉を手早く焼いていきます。



牛ヒレ肉は表面をまんべなく均一に焼いていきますが、仕上げに表面をクッキングバーナーでひと炙りすると、さらに豊かな風味になります。



ヒレ肉の荒熱がとれたら、数ミリほどに薄く切り、好みのソース類を塗っていきます。



ソースを塗っては肉を敷き、という行程を繰り返し、何段かに積み上げた後に冷蔵庫で30分ほど冷ますと出来上がりです。



手軽にスピーディーに作れ、なおかつ美味しく筋肉にも良いので、是非お試しください。

スポンサーリンク


※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。

※当サイトでは厚生労働省・Wikipediaなどの公共性・信頼性の高いサイトの情報を元に科学的な根拠(エビデンス)を担保しています。それらについてはこちらの一覧をご参照ください。

スポンサーリンク

当サイト運営・トップ競技者厳選ショップ
生産工場から直接輸入のためリーズナブル

北米に続き日本でもブレイク開始

マシン筋トレの疑問を解決する人気記事

執筆アスリート陣がリピートしている食材

スポンサーリンク
高品質トレーニングギア武器屋・鬼・GLFIT

当サイト提携ジムONI GYM 24 ONIGYM24大阪店ONIGYM24東京店

当サイト運営ジムで実際に使用している用品

記事制作©FutamiTC/MazurenkoJapan