Search

【筋トレに最適なチャーハン】高タンパク質でバルクアップに効果的な炒飯レシピ例



筋肥大・バルクアップ筋トレ後の食事として特化した、超高タンパク質チャーハンを作りましたのでご紹介します。



■筋トレむきチャーハンの作り方



こちらが、材料の赤身牛肉ブロック300g・冷凍枝豆・卵・玉ねぎ・ご飯100gです。

主要タンパク質食材の赤身牛肉(内もも肉)100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りになっています。

エネルギー:182kcal
タンパク質:21.2g (84.8kcal)
脂質:9.6g (86.4kcal)
炭水化物:0.5g (2kcal)

かなりの高タンパク質低カロリーで、筋トレ食材として非常に優秀です。



まずは、みじん切りにした玉ねぎを弱火で焦げないように炒めていきます。

カロリーを抑えるため、テフロン加工のフライパンで油を使わずに炒めるのがポイントです。



続いて、炒り卵を作りますが、こちらも油を使わずに炒めます。



冷凍枝豆をさやから取り出し、副食材の準備は整いました。



いよいよ、メイン食材の一口大にカットした赤身牛肉を焼いていきますが、もちろん、テフロン加工のフライパンで油を使わずに焼きます。



赤身牛肉が焼き上がったら、副食材を入れてさらに加熱します。



食材全体に火がしっかりと通ったら、ご飯を入れて、つぶれないように水気を飛ばしながら炒めて出来上がりです。



かなり手軽に理想的な筋トレ料理となりますので、是非お試しください。

■実際に作成したバルクアップに最適な炒飯の例

各画像をクリックすると、それぞれのレシピ記事に移動します。



うなぎは高タンパク質なだけでなく、筋肥大に欠かせない筋肉合成カロリーやミネラル分を豊富に含んだ、バルクアップに最適な魚ですが、その蒲焼きを使ったチャーハンです。



バルクアップ筋トレ後に最強レベルの筋肥大効果を発揮する、赤身牛肉ミンチ+ステーキをふんだんに使ったチャーハンです。



サラダチキンで簡単に作れる筋トレむきのピラフです。



バルクアップ筋トレ後の食事として最適な、タンパク質:筋肉合成カロリー=1:2の「お魚チャーハン」です。



シラス(ジャコ)をふんだんに使い、高タンパク質でミネラルも豊富な筋肥大バルクアップむき魚チャーハンです。



ウインナーブロッコリーの茎を無駄なく使い、バルクアップ筋トレの効果を高める簡単チャーハンです。



牛・豚・鶏もも肉と三種類の肉類を使い、アミノ酸スコアも高めたハイブリッドチャーハンです。



筋トレ後の食事としておすすめの「納豆チャーハン」です。



炒飯は美味しいですが、お米の炭水化物でカロリーオーバーになりがちです。そこで、ダイエットや筋トレに最適な米なし豆腐チャーハンを作りました。



合挽きミンチと水煮きんぴらを使い、10分以内で作れる時短和風チャーハンです。



赤身牛肉のステーキをトッピングすることで、タンパク質を強化した炒飯です。



金欠時にもリーズナブル・高タンパク質でありがたい、魚肉ソーセージを使った格安高タンパク質チャーハンです。



スポンサーリンク



※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。

※当サイトでは厚生労働省・Wikipediaなどの公共性・信頼性の高いサイトの情報を元に科学的な根拠(エビデンス)を担保しています。それらについてはこちらの一覧をご参照ください。

トップ競技者が開発・選定する高品質ギア


話題の最新進化型グリップ販売開始

話題の最新進化型グリップ販売開始





スポンサーリンク


アームレスリング器具とパワーリフティングギア専門店

話題の新ブランド

当サイトでは、北米に大きなシェアを持ち、リーズナブルな価格ながら高品質で知られる「LARA★STAR」製品を取り扱っています。
LARA★STAR製品一覧はこちら

ヨーロッパ発世界ブランド