【ウインナーブロッコリー炒飯】バルクアップ筋トレにおすすめな簡単焼き飯



ウインナーブロッコリーの茎を無駄なく使い、バルクアップ筋トレの効果を高める簡単チャーハンの作り方をご紹介します。

●ブロッコリーがダイエット筋トレに良い理由

・野菜としては高タンパク質でビタミン・ミネラルが豊富



ブロッコリー100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:33kcal
タンパク質:4.3g (17.2kcal)
脂質:0.5g (4.5kcal)
炭水化物:5.2g (20.8kcal)

一般的な野菜類にはほとんどタンパク質は含まれませんが、ブロッコリーには野菜としてはかなりのタンパク質、しかも良質な植物タンパク質が含まれています。

また、筋トレで疲れた身体の免役を向上させるビタミンC、タンパク質代謝に大きな働きをするビタミンB群が豊富なだけでなく、カルシウム・マグネシウム・亜鉛といったミネラル分も多く含まれています。

これらが、ブロッコリーが筋トレに効果的で「スーパーベジタブル」とも呼ばれる理由です。

●ウインナーブロッコリー炒飯の作り方

・無駄なく簡単に作れて美味しい



こちらが、今回の材料のブロッコリーの茎・ウインナー・卵・パプリカです。



まずは、ブロッコリーの茎・ウインナー・パプリカを細か切りにします。



細か切りにしたこれらの材料を軽くボイルします。これにより、ブロッコリーは柔らかく食べやすくなり、ウインナーの余分な脂質を取り除くこともできます。



茹で上がりました。特にウインナーは脂質さえ減らせば、高タンパク質で安価なので、ウインナーは切ってから茹でることをおすすめします。



下準備ができたら、フライパンに薄く油をしいて炒り卵を作ります。



続いて、ボイルしたブロッコリーの茎・ウインナー・パプリカと少なめのご飯を加えて炒めていきます。



あとは、塩コショウ・オイスターソースなどで味付けをしたら出来上がりです。



お好みで、焼き肉やゴマをトッピングすると、さらに筋トレに効果的な焼き飯になります。



スポンサーリンク

※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。

※当サイトでは厚生労働省・Wikipediaなどの公共性・信頼性の高いサイトの情報を元に科学的な根拠(エビデンス)を担保しています。それらについてはこちらの一覧をご参照ください。