Search

【筋トレむき納豆チャーハン】外はパラパラで中はもっちりな作り方



筋トレ後の食事としておすすめの「納豆チャーハン」の美味しい作り方をご紹介します。外はパラパラに、中はしっとりとした仕上がりになるポイントについても解説します。


●納豆のカロリー・栄養素

・良質な植物タンパク質が豊富



こちらが、今回の材料の納豆・合い挽きミンチ・卵・枝豆で、納豆2パック、200gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

納豆2パック100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

納豆2パック100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:200kcal
タンパク質:16.5g (66kcal)
脂質10g :(90kcal)
炭水化物:12.1g (48.4kcal)

植物タンパク質が豊富で、なおかつ筋肉合成に不可欠な糖質も適度に含んでおり、とても優秀な筋トレ食品であることがわかります。

●納豆チャーハンの作り方

・納豆を溶き卵と混ぜて加熱するのがポイント



まずは、合い挽きミンチをテフロン加工のフライパンで油を使わずに炒めていきます。



ミンチが炒め上がったら、皮をむいた枝豆を加えてさらに炒めます。



納豆はあらかじめ溶き卵とよく混ぜておきます。こうすることで、加熱した時に納豆の表面が卵でコーティングされ、ネバネバが封じ込められるので、外はパラパラ、中はしっとりと仕上がります。



炒めたミンチに納豆入りの溶き卵を入れたら、すぐにご飯も入れて、潰さないように炒めていきます。



後は、塩コショウで味付けをして出来上がりです。

簡単に作れ、筋肉にもよいので是非お試しください。



スポンサーリンク



※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。

※当サイトでは厚生労働省・Wikipediaなどの公共性・信頼性の高いサイトの情報を元に科学的な根拠(エビデンス)を担保しています。それらについてはこちらの一覧をご参照ください。

トップ競技者が開発・選定する高品質ギア


話題の最新進化型グリップ販売開始

話題の最新進化型グリップ販売開始





スポンサーリンク


アームレスリング器具とパワーリフティングギア専門店

話題の新ブランド

当サイトでは、北米に大きなシェアを持ち、リーズナブルな価格ながら高品質で知られる「LARA★STAR」製品を取り扱っています。
LARA★STAR製品一覧はこちら

ヨーロッパ発世界ブランド

記事制作©FutamiTC/MazurenkoJapan