【格安おすすめ佐賀牛A5切り落とし】すき焼きにも最適・ハンバーグも逸品



実際に定期購入している、おすすめの佐賀牛(A5ランク切り落とし)をご紹介します。味はA5ランクのままで、かなりのお値打ちなのでおすすめです。

あわせて、佐賀牛の格安ハンバーグもご紹介します。




■おすすめの佐賀牛A5切り落とし



こちらが、我が家でいつも購入している佐賀牛A5ランク肉の切り落としです。切り落としとはいえ、かなりしっかりとした幅がありますので、すき焼きにも使えます。



実際にすき焼きにしたのがこちらです。



また、シンプルに野菜と蒸していただくのも、素材の甘みが堪能できるのでおすすめです。

●実際に使用した佐賀牛



■おすすめの冷凍ハンバーグ

●格安で激うまなおすすめ品とワンランク上の絶品



今回、主にご紹介するのがこちらの冷凍ハンバーグです。良い肉質の佐賀牛・大麦牛・国産豚肉などで有名な「たじまや」さんの商品です。レトルトのハンバーグよりも少し高いくらいですが、味のほうは絶品クラスです。

筆者もハンバーグ作りは研究しており、さまざまなタイプを作ります。既製品のハンバーグよりは美味しく作れる自信がありますが、どうしても、この「たじまやハンバーグ」は超えることができません。家族の意見も、このハンバーグが最高とのことです。

少し悔しい気持ちもありますが、美味しいものは美味しいので、今回のご紹介となりました。



なお、たじまやさんには、ハイエンドクラスの冷凍ハンバーグとして「佐賀牛プレミアムハンバーグ」もあります。お値段もかなりのものですが、その美味しさは究極クラスです。こちらは、家族の誕生日など特別な日だけのご馳走としていただいています。

■冷凍ハンバーグを使った時短調理メニュー

●ワイルドにハンバーグは丸焼き・野菜は皮付きのまま丸茹で

20170824054058676.jpg

こちらが、今回ご紹介する冷凍品を利用した「男の時短ハンバーグ」の材料です。たじまやさんの冷凍ハンバーグをメインに、ジャガイモ・ニンジン・ゆで卵を作っていきます。

20170824054123110.jpg

まずは、ジャガイモ・ニンジン・ゆで卵をまとめて加熱していきます。時短なので、ジャガイモとニンジンの皮はそのままです。また、全てを同時にゆでるので、それぞれの表面は綺麗に洗っておきましょう。

ちなみに、栄養学的には、野菜の栄養素は皮周辺に多いので、野菜は皮ごと食べることを推奨します。

また、ゆで卵を上手に作るポイントは「水から茹でる」ことですので、鍋には水を入れ、塩を少々加えてから蓋をして加熱していきます。茹で時間の目安は20分です。

20170824054145911.jpg

野菜や卵を茹でている間に、並行してハンバーグを焼いていきます。本来は、事前に自然解凍しておくのがベストですが、今回は時短ということで凍ったままのハンバーグを丸ごと焼いていきます。

20170824054204563.jpg

ハンバーグを焼くコツは、しっかりと中まで火を通しつつ表面を焦がさないことです。今回は冷凍のままなので、さらに中まで火が通りにくいので、表面を焦がさないように「弱火」よりも弱い「とろ火」で蓋をして蒸し焼きにしました。

焼き時間の目安は15~20分ですが、中まで火が通ったかはハンバーグにお箸を刺して確認します。赤身がかった肉汁が出てきたら「まだ焼けていない」、透明な肉汁が出てきたら「中まで焼けた」合図です。

20170824054228997.jpg

野菜と卵が茹であがったら、卵の殻を剥く準備をします。ゆで卵を綺麗に剥くポイントは、「お湯からあげたら一気に冷やす」ことです。これにより、急激にゆで卵の中身が収縮し、殻から卵膜が剥がれます。

20170824054245374.jpg

ゆで卵の殻を剥いたら、半分に切ります。男性向け時短料理なので、見た目はあまり関係ありませんが、ゆで卵を綺麗見せるためには、横ではなく縦方向に切るのがポイントです。

20170824054304970.jpg

出来上がりました。今回も「なんでこんなに美味しいの?」というくらい美味しかったです。



スポンサーリンク

※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。

※当サイトでは厚生労働省・Wikipediaなどの公共性・信頼性の高いサイトの情報を元に科学的な根拠(エビデンス)を担保しています。それらについてはこちらの一覧をご参照ください。