【筋トレむき三色刺身丼】良質な不飽和脂肪酸を筋肉合成カロリーにする



複数の刺身を組み合わせ、高タンパク質でアミノ酸スコアに優れるだけでなく、良質な不飽和脂肪酸を筋肉合成カロリーにする、筋トレむき三色刺身丼の作り方をご紹介します。

●マグロ・ハマチ・サーモンのカロリー・栄養素

・高タンパク質で筋肉合成カロリーも含む



こちらが、今回の材料のマグロ・ハマチ・サーモンの刺身です。それぞれ100gあたりのカロリー・栄養素は以下のようになります。

○マグロのカロリー・栄養素

エネルギー:106kcal
タンパク質:24.3g (97.2kcal)
脂質:0.4g (3.6kcal)
炭水化物:0g (0kcal)

○ハマチのカロリー・栄養素

エネルギー:257kcal
タンパク質:21.4g (85.6kcal)
脂質:17.6g (158.4kcal)
炭水化物:0.3g (1.2kcal)

○サーモンのカロリー・栄養素

エネルギー:138kcal
タンパク質:22.5g (90kcal)
脂質:4.5g (40.5kcal)
炭水化物:0.1g (0.4kcal)

マグロは高タンパク質低カロリー、ハマチとサーモンは高タンパク質なだけでなく、良質な不飽和脂肪酸を含み、十分な筋肉合成カロリーを持っており、筋肥大バルクアップに最適であることがわかります。

●三色刺身丼の作り方

・みりん醤油漬けにするととろみが出る



三色刺身丼の作り方のポイントは、刺身をそのまま使うのではなく、みりん醤油に小一時間ほど漬け込むことです。

これにより、刺身の臭みがなくなるだけでなく、とろみも出て風味も向上します。



また、おすすめはアボガドとの組み合わせで、アボガドは良質な植物性不飽和脂肪酸を豊富に含んでいますので、血液もサラサラになる効果があります。



とても簡単に作れますので、是非お試しください。



スポンサーリンク

※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。

※当サイトでは厚生労働省・Wikipediaなどの公共性・信頼性の高いサイトの情報を元に科学的な根拠(エビデンス)を担保しています。それらについてはこちらの一覧をご参照ください。



アームレスリング器具とパワーリフティングギア専門店