【鶏ささみの赤身牛肉巻き】ダイエット筋トレに最適な低カロリー肉料理



ダイエット筋トレの食事は、高タンパク質低カロリーが鉄則ですが、鶏ささみと牛赤身肉を組み合わせた理想的な減量肉料理をご紹介します。

●鶏ささみ肉と牛赤身肉のカロリー・栄養素

・どちらも高タンパク質低カロリーでダイエットに最適



こちらが、今回の材料の鶏ささみ肉と牛赤身肉切り落としです。それぞれ100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

○鶏ささみ肉のカロリー・栄養素

エネルギー:105kcal
タンパク質:23g (92kcal)
脂質:0.8g (7.2kcal)
炭水化物:0g (0kcal)

○牛赤身肉のカロリー・栄養素

エネルギー:182kcal
タンパク質:21.2g (84.8kcal)
脂質:9.6g (86.4kcal)
炭水化物:0.5g (2kcal)

どちらも高タンパク質低カロリーで、非常に優良なダイエット食材であることがわかります。

なお、牛赤身肉には若干の脂質が含まれますが、少量の脂質は腹持ちをよくする効果がありますので、過度に脂質に過敏になる必要はありません。

・複数のタンパク質食材を組み合わせる意味

ダイエットや筋トレにおけるタンパク質は、その摂取量だけでは計れません。そのタンパク質食材に含まれる各必須アミノ酸の比率を、人体のアミノ酸比率に近づける(アミノ酸スコアの向上)も大切です。

厳密にアミノ酸比率を測定するのは、測定機器も必要で現実的ではありませんが、一般的に複数のタンパク質食品を組み合わせることで、アミノ酸スコアが向上するとされています。

●鶏ささみの牛肉巻きの作り方

・ささみを巻いてフライパンで焼くだけ



まずは、ささみを牛赤身肉で巻いていきます。特につなぎ等も必要ありません。



ささみを巻き終わったら、あとはフライパンで焼いていくだけです。

テフロン加工のフライパンを使えば、油をしく必要がないので、さらにカロリーカットになります。

焦げないように弱火にし、蓋をしてじっくり蒸し焼きにするのが焼き方のコツです。



美味しくて、ダイエット効果も抜群ですので、是非お試しください。



スポンサーリンク

※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。

※当サイトでは厚生労働省・Wikipediaなどの公共性・信頼性の高いサイトの情報を元に科学的な根拠(エビデンス)を担保しています。それらについてはこちらの一覧をご参照ください。



アームレスリング器具とパワーリフティングギア専門店