【一工夫したうなぎ丼レシピ】スポーツや筋トレの身体作りにもおすすめ



鰻丼に一工夫をすることで、違った風味でうなぎを楽しめる「うなとろ丼」の作り方・料理レシピをご紹介します。ウナギはタンパク質・ビタミン・ミネラルが豊富なので、スポーツや筋トレの身体作りの食事メニューとしてもおすすめです。

●うなとろ丼の材料と作り方

・国産うなぎ・山芋・オクラ・卵



こちらが、うなとろ丼の材料の国産うなぎ・山芋・オクラです。ここに卵焼きも追加してタンパク質の量を増やしていきます。



まずは山芋をすりおろします。



すりおろした山芋は、軽く薄口醤油で味付けをします。



オクラは薄切りにし、少量のゴマ油と濃口醤油で味付けをします。



適度な大きさにカットした国産うなぎをフライパンで熱します。

タレを入れ、とろ火で蓋をして蒸し焼きにすると、うなぎがふっくらとして美味しく仕上がります。



あとは、盛り付けをして完成です。



スポンサーリンク

※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。

※当サイトでは厚生労働省・Wikipediaなどの公共性・信頼性の高いサイトの情報を元に科学的な根拠(エビデンス)を担保しています。それらについてはこちらの一覧をご参照ください。



アームレスリング器具とパワーリフティングギア専門店


ヨーロッパ発世界ブランド