【牛肉ひつまぶし丼】高タンパク質低カロリーで筋トレ後におすすめの食事



高タンパク質低カロリーで、筋トレ後の食事としてもおすすめの牛肉ひつまぶし丼の作り方レシピをご紹介します。

●赤身牛肉のカロリー・栄養素

・高タンパク質低カロリーで筋トレむき



こちらが、今回の材料の赤身牛肉・ネギ・ダシ昆布・ゴマ・刻み海苔です。主要タンパク質食材の赤身牛肉100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:182kcal
タンパク質:21.2g (84.8kcal)
脂質:9.6g (86.4kcal)
炭水化物:0.5g (2kcal)

かなりの高タンパク質低カロリーで筋トレに最適な食材であることがわかります。

●牛肉ひつまぶし丼の作り方

・一杯目はそのまま二杯目はお茶漬けで



まずは下ごしらえです。牛肉は細切りにし、ダシ昆布は水でもどしてから細切りにします。



下ごしらえが終わったら、テフロン加工のフライパンで油を使わずに炒めていきます。



ほぼ炒め上がったら、少量の水を加えて、みりん醤油で味付けを行います。



あとは、ご飯の上に盛り付けて完成です。



一杯目は牛肉の素材を楽しむためにそのままでいただきます。



二杯目は、薄口ダシ醤油のお茶漬けでいただくとさっぱりします。簡単で美味しく、筋肉にも良いので、ぜひお試しください。



スポンサーリンク

※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。

※当サイトでは厚生労働省・Wikipediaなどの公共性・信頼性の高いサイトの情報を元に科学的な根拠(エビデンス)を担保しています。それらについてはこちらの一覧をご参照ください。



アームレスリング器具とパワーリフティングギア専門店