【赤身牛肉の水炊き鍋】ダイエット筋トレにも高タンパク質低カロリーで最適



高タンパク質低カロリーでダイエット筋トレにもおすすめな、赤身牛肉の水炊き鍋の作り方をご紹介します。

●赤身牛肉のカロリー・栄養素

・鶏肉なみに高タンパク質低カロリー



こちらが、今回の材料の赤身牛肉・木綿豆腐・きのこ・白菜・大根(おろし用)です。主要なタンパク質食材である赤身牛肉のカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:182kcal
タンパク質:21.2g (84.8kcal)
脂質:9.6g (86.4kcal)
炭水化物:0.5g (2kcal)

皮なしの鶏肉なみに高タンパク質低カロリーであることがわかります。また、牛肉は鶏肉よりもミネラル成分が多いので、筋トレに非常に効果的な肉類です。

●赤身牛肉の水炊き鍋の作り方

・アクをしっかりとるのがポイント



まずは鍋に水を入れ、ダシ昆布を数枚入れます。



お湯が沸いたら赤身牛肉を入れて加熱しますが、しばらくはたくさんのアクが出ます。しっかりとアクをとるのが臭みを残さないために大切なポイントです。



しっかりとアクをとり、このようにお湯が透明な状態にします。





続いて、豆腐・きのこを入れ、蓋をするように白菜をかぶせて加熱します。特にダイエット時は、タンパク質だけでなく野菜類もしっかりと摂りましょう。



炊き上がったら、大根おろし・ポン酢・唐辛子などでいただくと、ローカロリーに美味しくいただけます。



スポンサーリンク

※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。

※当サイトでは厚生労働省・Wikipediaなどの公共性・信頼性の高いサイトの情報を元に科学的な根拠(エビデンス)を担保しています。それらについてはこちらの一覧をご参照ください。