【カツオとウナギのコラボ丼】ハード筋トレ後に最適なバルクアップ簡単筋肉飯レシピ



ハードな筋トレの後には、たっぷりのタンパク質と不飽和脂肪酸の摂取が効果的です。今回はこれらの栄養素をふんだんに含む、カツオとウナギのコラボレーション丼をご紹介します。

●カツオとウナギのカロリー・栄養素

・高タンパク質で不飽和脂肪酸が豊富



まず、今回使ったウナギはいつも購入している、こちらの特大徳用国産うなぎです。現在、格安期間のため2セットを購入しました。

ウナギ100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:293kcal
タンパク質:23g
脂質:21g
炭水化物:3.1g

かなりの高タンパク質で、しかも豊富な不飽和脂肪酸を含んでいます。不飽和脂肪酸は良質なコレステロールを多く含み、筋肉合成カロリーになるだけでなく、ホルモンの材料ともなるため、筋肥大には非常に効果的です。



また、カツオのたたきは、こちらもいつも購入している高知明神水産の「土佐藁焼きタタキ」です。



こちらの動画は、実際に高知市「ひろめ市場」に取材に行ったときに撮影した、明神水産の藁焼きタタキ実演の様子です。

一本一本、このように丹念に手焼きをしているから美味しいのですね。

なお、カツオ100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー165kcal
タンパク質25g
脂質6.2g
炭水化物0.2g

こちらも、高タンパク質で適切な脂質(不飽和脂肪酸)を含んでいます。

今回、ご紹介したコラボレーション丼は、少し経費はかかりますが、バルクアップに効果が高いので、是非お試しください。



スポンサーリンク

※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。

※当サイトでは厚生労働省・Wikipediaなどの公共性・信頼性の高いサイトの情報を元に科学的な根拠(エビデンス)を担保しています。それらについてはこちらの一覧をご参照ください。