【時短洋風パプリカ牛丼】筋トレ後やスポーツの身体作りにもおすすめ



筋トレやスポーツの身体作りにもおすすめで、一人暮らしの男性も時短で簡単に作れる洋風パプリカ牛丼の作り方レシピをご紹介します。

●身体作りには赤身牛肉がおすすめ

・高タンパク質低カロリーでミネラルが豊富



筋トレやスポーツの身体作りには、鶏肉がよいとよく言われますが、それ以上に赤身牛肉は最適な食材です。高タンパク質低カロリーな上、亜鉛や鉄分といった筋肉合成に重要な働きをするミネラルを豊富に含んでいます。

それでは、実際に赤身牛肉(モモ肉)100gあたりのカロリー・栄養素を鶏むね肉(皮なし)と比較してみましょう。なお、[ ] の値は比較対象の鶏むね肉です。

・赤身牛肉(モモ肉)100gのカロリーと栄養素

エネルギー:140kcal [108kcal]
タンパク質:22.5g [22.3g]
脂質:4.6g [1.5g]
炭水化物:0.5g [0g]

・赤身牛肉100gのビタミン類

ビタミンA:3μg [8μg]
ビタミンD:0.1μg [0mg]
ビタミンE:0.4mg [0.2mg]
ビタミンK:3μg [14μg]
ビタミンB1:0.1mg [0.08mg]
ビタミンB2:0.22mg [0.1mg]
ナイアシン:5.8mg [11.6mg]
ビタミンB6:0.51mg [0.54mg]
ビタミンB12:1.7μg [0.2μg]
葉酸:9μg [8μg]
パントテン酸:0.87mg [2.32mg]
ビタミンC:2mg [3mg]

・赤身牛肉100gのミネラル分

ナトリウム:46mg [42mg]
カリウム:360mg [350mg]
カルシウム:4mg [4mg]
マグネシウム:25mg [27mg]
リン:200mg [200mg]
鉄:2.8mg [0.2mg]
亜鉛:4.4mg [0.7mg]
銅:0.09mg [0.03mg]
マンガン:0.01mg [0.03mg]

●時短洋風パプリカ牛丼の作り方レシピ

・牛赤身肉とパプリカ・ピーマンだけで作れる



こちらが、時短洋風パプリカ牛丼の材料です。牛赤身肉とパプリカ・ピーマンだけとシンプルですが、パプリカは香りの高い野菜ですので十分に美味しく仕上がります。



まずは、牛肉とパプリカ・ピーマンを適度な大きさにカットします。



油を敷かずにテフロン加工のフライパンで牛肉を炒めます。



牛肉が炒めあがったら、カットしておいたパプリカ・ピーマンを加え、しばらく弱火で蒸し焼きにします。蒸し焼きにすることで、肉にパプリカの香りが染み込むので、ここが料理のポイントです。



パプリカが蒸しあがったら、ダシをかけます。ダシは甘味を抑えて「醤油:みりん」「1:1」にするとパプリカの美味しさが引き立ちます。



一煮たちしたら、お皿に盛ったご飯に乗せて完成です。

簡単スピーディーに作れて、なおかつ美味しいので、ぜひチャレンジしてみてください。



スポンサーリンク

※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。

※当サイトでは厚生労働省・Wikipediaなどの公共性・信頼性の高いサイトの情報を元に科学的な根拠(エビデンス)を担保しています。それらについてはこちらの一覧をご参照ください。