【筋トレむき年越しそば】一人暮らし男性におすすめの簡単筋肉飯レシピ



年内ギリギリまで筋トレをして、筋肉痛の大晦日をむかえた方は、年越しそばのタンパク質量にも気を使いたいものですが、今回は一人暮らしの男性むけにインスタントカップそばを使った「筋トレ最適化年越しそば」を作りましたのでご紹介します。

●筋トレむき年越しそばとは

・複数の動植物タンパク質で強化



こちらが、今回試作した筋トレむき年越しそばの材料で、アミノ酸スコアも考慮して複数の動植物タンパク質(牛赤身肉と薄揚げ)を使用しました。牛赤身肉・薄揚げそれぞれ100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

○牛赤身肉のカロリー・栄養素

エネルギー:215kcal
タンパク質:18.7g (74.8kcal)
脂質:14.3g (128.7kcal)
炭水化物:0.3g (1.2kcal)

○薄揚げのカロリー・栄養素

エネルギー:386kcal
タンパク質:18.6g (74.4kcal)
脂質:33.1g (297.9kcal)
炭水化物:2.5g (10kcal)

どちらも非常に高タンパク質です。やや脂質カロリーが高い傾向にありますが、一年間頑張った筋肉に多めの筋肉合成カロリーを与えるのも悪くはないでしょう。

●筋トレむき年越しそばの作り方

・たっぷりの具で蓋をするのがポイント



まずは、牛赤身肉をテフロン加工のフライパンで油を使わずに炒めていきます。



ほぼ炒め上がったら、薄揚げと薬味のネギを追加して、さらに過熱していきます。



インスタントそばは、パッケージの表記に従い、スープのもとを入れてお湯を入れます。



具が、商品の想定よりも大幅に多いため、スープが溢れないように、お湯は指定ラインよりもやや少なめに入れるのがポイントです。



後は、たっぷりと作った具で蓋をして5分間待てば出来上がりです。

それでは、よいお年を!



スポンサーリンク

※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。

※当サイトでは厚生労働省・Wikipediaなどの公共性・信頼性の高いサイトの情報を元に科学的な根拠(エビデンス)を担保しています。それらについてはこちらの一覧をご参照ください。