【筋トレ後の大人の鮭茶漬け】高タンパク質なサーモンパワーで筋肥大



肉食に疲れ気味の時の筋トレ食材としては、鮭が高タンパク質・高ミネラルでおすすめです。さらっと食べられてサーモンパワーで筋肥大バルクアップ効果も高いお茶漬けをご紹介します。



■鮭のカロリー・栄養素

●高タンパク質で適度なカロリーもある



こちらが、今回の材料のサーモン切り身・タラコ・ゴマ・ネギです。主要タンパク質食品である鮭100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:138kcal
タンパク質:22.5g (90kcal)
脂質:4.5g (40.5kcal)
炭水化物:0.1g (0.4kcal)

高タンパク質で、なおかつ筋肉合成に必要な適度なカロリーも含んでいます。今回は、タンパク質とカロリーを追加するためにタラコも用意しました。

■大人の鮭茶漬けの作り方

●皮を炙って臭みを消すのがポイント



まずは、フライパンでサーモン切り身を焼いていきます。





鮭の皮をクッキングバーナーで炙って臭みを消すとともに、芳ばしい風味をつけます。



鮭が焼き上がったら、ご飯の上に乗せます。ご飯はやや控えめにするのが筋トレ飯の肝心なところです。



続いて、昆布と薄口醤油でダシを作ります。鮭の塩が効いているので、醤油はかなり少な目にしました。



仕上げにダシを注ぎますが、タラコが煮えない量にするのも美味しくいただくポイントです。



胃腸が疲れ気味の時でも、さらっと食べられて筋肥大にもよいので、是非お試しください。


※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。

※当サイトでは厚生労働省・Wikipediaなどの公共性・信頼性の高いサイトの情報を元に科学的な根拠(エビデンス)を担保しています。それらについてはこちらの一覧をご参照ください。



スポンサーリンク