【豚もつ煮鍋カレー】筋肥大バルクアップ筋トレに最適な高タンパク質の食事レシピ



もつ煮は高タンパク質低カロリーで筋トレむきの食材ですが、さらに豆腐も追加した鍋風カレーにすることで、バルクアップ筋トレに最適な食事になります。



■もつ煮のカロリー・栄養素

●もつはカロリー高めだが茹でると低カロリーに



こちらが、今回の材料の豚もつ・木綿豆腐・ネギ・カレールーです。主要なタンパク質食材である豚もつ100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー179kcal
タンパク質11.7g (46.8kcal)
脂質13.8g (124.2kcal)
炭水化物0g (0kcal)

なお、この数値は生もつの場合であり、後述のように煮込んだ場合は、大幅にカロリーカットが可能です。

■豚もつ煮鍋カレーの作り方

●もつの脂質を茹で落とすのがポイント



今回は、市販の茹でもつを使用しましたが、まだかなりの脂質が残っているので、さらに煮込んで脂身を落としていきます。



もつは煮崩れしないので、強火でどんどん茹でていきます。



このような感じですっきりと脂身がとれました。



鍋に新しい水をはり、木綿豆腐とネギを加えて再び煮込んでいきます。



十分に煮込んだら、火を止めてカレールーを溶かします。沸騰させながらルーを溶かすと、せっかくのスパイスの風味が飛んでしまいますので、注意してください。



美味しそうに出来上がりました。



あとは、お皿に盛りつければ完成です。是非、お試しください。

■身体を鍛えたら食事にも気を使う



筋トレの効果を高める食事や栄養の知識がなければ、いくらトレーニングだけを頑張っても大きな効果は得られません。下記の記事では、三大栄養素に関する基礎知識から、筋トレ目的別の食事メニューの基本理論、具体的な食品食材、実際の筋肥大期と減量期の食事レシピを解説・ご紹介しています。

▼筋トレの効果を高める食事

【目的別筋トレ食事メニュー例】増量期・減量期の食品と具体的レシピを紹介


※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。

※当サイトでは厚生労働省・Wikipediaなどの公共性・信頼性の高いサイトの情報を元に科学的な根拠(エビデンス)を担保しています。それらについてはこちらの一覧をご参照ください。



スポンサーリンク