【筋肥大むきエビうなぎ丼】バルクアップハード筋トレ後におすすめの魚介料理レシピ



ハードな筋トレ後におすすめの、筋肥大バルクアップむき魚介料理「エビうなぎ丼」の作り方をご紹介します。



■エビとウナギのカロリー・栄養素

●どちらも優秀な筋トレむき魚介類

こちらが、今回の材料の冷凍エビフライ・うなぎ・サラダです。まずは、エビとウナギそれぞれ100gあたりのカロリー・栄養素を見てみましょう。

○ブラックタイガーのカロリー・栄養素
エネルギー:82kcal
タンパク質:18.4g (73.6kcal)
脂質:0.3g (2.7kcal)
炭水化物:0.3g (1.2kcal)

○ウナギのカロリー・栄養素
エネルギー:293kcal
タンパク質:23g (92kcal)
脂質:21g (189kcal)
炭水化物:3.1g (12.4kcal)

エビは超のつく高タンパク質低カロリーで、ウナギは高タンパク質で筋肉合成に必要なカロリーも十分に含んでいることがわかります。

■エビうなぎ丼の作り方

●エビフライを揚げずに焼いて作るのがポイント



まずはエビフライを作りますが、油を使わずにテフロン加工のフライパンで焼いて仕上げるのが最大のポイントです。

焦げないように弱火にし、何度もひっくり返しながら焼いていきます。



エビフライが焼き上がったら、うなぎも一緒に温めていきます。



蒲焼きのタレをかけ、蓋をしてとろ火で加熱すると美味しく仕上がります。



あとは、丼に盛り付けて完成です。

手軽に作れて、美味しくて筋肥大効果もバッチリですので、是非お試しください。

■身体を鍛えたら食事にも気を使う



筋トレの効果を高める食事や栄養の知識がなければ、いくらトレーニングだけを頑張っても大きな効果は得られません。下記の記事では、三大栄養素に関する基礎知識から、筋トレ目的別の食事メニューの基本理論、具体的な食品食材、実際の筋肥大期と減量期の食事レシピを解説・ご紹介しています。

▼筋トレの効果を高める食事

【目的別筋トレ食事メニュー例】増量期・減量期の食品と具体的レシピを紹介


※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。



スポンサーリンク