【筋トレむき漬け込みステーキ】硬い赤身牛肉を柔らかくするテクニック



赤身牛肉は高タンパク質低カロリーで、さらにリーズナブルなため、筋トレに最適な食材の一つですが、硬いのが難点です。しかし、一晩タレ漬けにすることで柔らかくいただくことが可能です。

●赤身牛肉のメリット


・高タンパク質低カロリーでミネラルも豊富




こちらが今回の材料の外国産赤身牛肉です。赤身牛肉は高タンパク質低カロリーなだけでなく、筋肥大に重要な亜鉛を多く含むため、バルクアップには最適な肉類です。

このようなメリットがある反面、鶏肉や豚肉に比べると価格が高く、たくさん食べる必要がある筋トレ食材としては、経費がかかるのがデメリットになります。

しかし、こちらのような硬い煮込み肉だと、比較的リーズナブルに入手できますので、調理方法を工夫して、上手に活用していきましょう。

●漬け込みステーキの作り方


・一晩じっくり漬け込むのがポイント




下ごしらえとして、赤身牛肉を焼肉のたれに漬け込みますが、前日から一晩じっくり漬け込むのが肉を柔らかく食べやすくする最大のポイントです。



しっかりと漬け込んだら、あとはテフロン加工のフライパンで油を使わずに焼くだけと簡単です。



ただし、普通のステーキのように強火で焼くと焦げてしまいますので、弱火で焼くことだけ注意してください。



格安な煮込み用赤身牛肉が、とても柔らかくいただけますので、是非お試しください。



スポンサーリンク

※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。

※当サイトでは厚生労働省・Wikipediaなどの公共性・信頼性の高いサイトの情報を元に科学的な根拠(エビデンス)を担保しています。それらについてはこちらの一覧をご参照ください。



アームレスリング器具とパワーリフティングギア専門店