スマホ最適化・高速表示低パケットサイト
SuperFitness for Power+Health,ExpertSite
当サイト運営・トップ競技者厳選ショップ
生産工場から直接輸入のためリーズナブル

国連UNHCRより感謝状(ご報告とお礼)

【筋トレむきサラダチキンハンバーガー】美味しくストイックなレシピをご紹介

筋トレをしている方の朝食やランチにおすすめの「サラダチキンハンバーガー」の作り方をご紹介します。非常にヘルシーかつストイックで、なおかつ美味しく、マクドナルドなどの、いわゆるジャンクフードハンバーガーとは全く違う、栄養バランス的に優良なハンバーガーです。


※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。

※当サイトでは厚生労働省・Wikipediaなどの公共性・信頼性の高いサイトの情報を元に科学的な根拠(エビデンス)を担保しています。それらについてはこちらの一覧をご参照ください。
スポンサーリンク

サラダチキンハンバーガーのカロリー・栄養素

こちらが、今回の材料の、サラダチキン(カット済み)、卵、イングリッシュマフィンです。実際には2個作りましたが、1個あたりのカロリー・栄養素を見ていきます。

サラダチキン(カット済み)1個あたり(55g)のカロリー・栄養素

カロリー:100kcal
タンパク質:9.6g
脂質:6.8g
糖質:0.1g

イングリッシュマフィン1個あたりのカロリー・栄養素

カロリー:152kcal
タンパク質:5.1g
脂質:0.9g
糖質:30.8g

卵1個あたりのカロリー・栄養素

カロリー:91kcal
タンパク質:7.4g
脂質:6.2g
糖質:0.2g

これらを合計すると、約21g(84kcal)のタンパク質に対して、約220kcalの筋肉合成カロリー(脂質+糖質)となり、筋肥大バルクアップに理想的なカロリー・栄養素バランスであることがわかります。

筋肥大にはタンパク質だけでは足りない

Arroz-con-Pollo.jpg

筋肥大バルクアップ筋トレの場合は、タンパク質だけでなく、摂取したタンパク質をアミノ酸に分解し、さらにそれを人間の骨格筋に再合成するための「筋肉合成カロリーが必要となり」、その適正量は「タンパク質の2~3倍のカロリー(脂質・糖質)」です。

スポンサーリンク

サラダチキンハンバーガーの作り方

サラダチキンハンバーガーは、作り方、というほどの作業工程はありません。まずは、スクランブルエッグを作り、そこへサラダチキンを乗せ、ケチャップを加えてイングリッシュマフィンで挟むだけです。

電子レンジでチンして温めてもいいですが、どうしてもビタミンが壊れてしまいますので、そのままそのままいただくことをおすすめします。

スポンサーリンク
当サイト運営・トップ競技者厳選ショップ
生産工場から直接輸入のためリーズナブル

人気OEMパワーベルトがフルラインナップ

愛用ベルトが最新式になるバックル

試合や高重量トレーニングに最適化

北米に続き日本でもブレイク開始

マシン筋トレの疑問を解決する人気記事

自宅トレーニングに必要不可欠な器具は

執筆アスリート陣がリピートしている食材

競技者が本音で解説シリーズ
高品質トレーニングギア武器屋・鬼・GLFIT

当サイト提携ジムONI GYM 24
ONIGYM24大阪店ONIGYM24東京店

当サイト運営ジムで実際に使用している用品

記事制作©FutamiTC/MazurenkoJapan

食品情報
筋トレ専門サイトGLINT