【筋トレ後にはマグロ刺身丼がベスト】山かけアボガドで筋肉合成カロリーも追加したレシピ



筋肥大バルクアップ後の食事として最適なマグロ丼(山かけアボカド乗せ)の作り方をご紹介します。

●筋トレ向きマグロ丼の材料



こちらが、今回の材料のマグロ刺身およびマグロブロック、そして山芋とアボカドです。

主要なタンパク質食材であるキハダマグロ刺身のカロリー・栄養素は以下の通りです。

◯キハダマグロ100gあたりのカロリー・栄養素

エネルギー:106kcal
タンパク質:24.3g (97.2kcal)
脂質:0.4g (3.6kcal)
炭水化物:0g (0kcal)

非常に高タンパク質低カロリーで筋トレのタンパク質補給源として優れていることがわかります。

しかしながら、これだけでは筋肉合成カロリーが不足しますので、タンパク質:筋肉合成カロリー=1:3になるように、山芋とアボカドを追加してマグロ刺身丼にしました。

●筋トレ向きマグロ丼の作り方



まずは、山芋とアボカドの皮をむきカットします。



カットした山芋とアボカドはフードプロセッサーでクリーム状になるまで処理します。



次に、マグロブロックの表面をテフロン加工のフライパンで油を使わずに焼いてタタキにします。



マグロはとても火が通りやすいので、焼きすぎないように十分注意が必要です。



表面を焼いたマグロブロックは、氷で締めておきます。



下ごしらえができたら、マグロ刺身丼を作っていきます。まずは丼にご飯を入れますが、山芋とアボカドが乗るので控えめにしました。



フードプロセッサーで作った山芋アボカドを乗せます。



その上に、マグロ刺身とマグロタタキを乗せ、仕上げに山芋アボカドをトッピングして完成です。



とても美味しく、バルクアップにも最強レベルの効果がありますので、是非お試しください。



スポンサーリンク

※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。

※当サイトでは厚生労働省・Wikipediaなどの公共性・信頼性の高いサイトの情報を元に科学的な根拠(エビデンス)を担保しています。それらについてはこちらの一覧をご参照ください。



アームレスリング器具とパワーリフティングギア専門店