Search

【時短牛スジ丼の作り方】筋トレやスポーツの筋肉作りにもおすすめの料理レシピ



牛スジはタンパク質が豊富なだけでなく、関節や靭帯の材料になるコラーゲンを多く含むので、筋トレやスポーツの身体作りにも最適です。圧力鍋を使った時短レシピをご紹介します。


●牛スジのカロリー・栄養素

・タンパク質だけでなくコラーゲンが豊富



こちらが、今回の材料の赤身牛スジ・豆腐・卵・こんにゃく・大根・ニンジンです。メインのタンパク質源である赤身牛スジ100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:155kcal
タンパク質:28.3g (113.2kcal)
脂質:4.9g (44.1kcal)
炭水化物:0g (0kcal)

牛スジは高タンパク質低カロリーで、さらにコラーゲンも豊富なので、筋肉作りに非常に優秀な食材であることがわかります。

●牛スジ丼の作り方レシピ

・圧力鍋を使って時短調理



まずは、牛スジと一緒に煮込む豆腐・大根・こんにゃく・ニンジンを適度な大きさにカットし、卵は茹で玉子にしておきます。



煮込む前に、牛スジの表面をフライパンで炒めます。これにより、旨味をなかに閉じ込めるとともに、煮崩れを防ぐ効果があります。



次に、牛スジを炒めたフライパンでそのまま豆腐を焼き、肉の旨味を吸い込ませます。



下準備ができたら、まずは、しっかり煮込みたい牛スジ・茹で玉子・豆腐を圧力鍋にセットします。



続いて、野菜類を乗せ、1:1のみりん醤油で味付けをし、圧力鍋の蓋をして20分ほど加熱します。

その後、鍋ごと水道水をかけて冷まします。味は加熱中ではなく冷める時に染み込みますので、圧力が下がるまでしっかり冷やしてください。



蓋が開けられるまで圧力と音頭が下がったら完成です。



あとは、熱々のご飯に具を乗せていただきます。



スポンサーリンク



※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。

※当サイトでは厚生労働省・Wikipediaなどの公共性・信頼性の高いサイトの情報を元に科学的な根拠(エビデンス)を担保しています。それらについてはこちらの一覧をご参照ください。

トップ競技者が開発・選定する高品質ギア


話題の最新進化型グリップ販売開始

話題の最新進化型グリップ販売開始





スポンサーリンク


アームレスリング器具とパワーリフティングギア専門店

話題の新ブランド

当サイトでは、北米に大きなシェアを持ち、リーズナブルな価格ながら高品質で知られる「LARA★STAR」製品を取り扱っています。
LARA★STAR製品一覧はこちら

ヨーロッパ発世界ブランド

記事制作©FutamiTC/MazurenkoJapan