【筋肥大筋トレむきサラダチキンライス】バルクアップのためのアイデアコンビ二料理レシピ



コンビ二サラダチキンに筋肉合成カロリーを追加し、なおかつ美味しくいただける「サラダチキンライス」の作り方をご紹介します。

●筋トレにサラダチキンが向いている理由

・圧倒的に高タンパク質低カロリー



こちらが、一般的なサイズのコンビ二サラダチキンのパッケージで、記載されているカロリー・栄養素は以下の通りです。

カロリー:133kcal
タンパク質:26.1g
脂質:2.6g
糖質1.2g

非常に高タンパク質・低カロリーでダイエット筋トレなどに最適であることがわかります。

・筋肥大にはタンパク質だけでは足りない


Arroz-con-Pollo.jpg

しかし、筋肥大バルクアップ筋トレの場合は、タンパク質だけでなく、摂取したタンパク質をアミノ酸に分解し、さらにそれを人間の骨格筋に再合成するための「筋肉合成カロリーが必要となり」、その適正量は「タンパク質の2~3倍のカロリー(脂質・糖質)」です。

そこで、今回はコンビ二のサラダチキンをベースに、一手間加えて筋肥大に最適な調理を行いましたので、是非、ご参照ください。

●筋トレ向きサラダチキンライスの作り方



こちらが、今回の材料の、コンビ二サラダチキン、枝豆、玉ねぎ、ニンジンです。



なお、ご飯はあらかじめ溶き卵と混ぜ、焼き上がりがパラッとなるよう準備します。



まずは、刻んだコンビ二サラダチキン、玉ねぎ、ニンジンをテフロン加工のフライパンで油を使わずに炒めていきます。



火が通ったら、皮をむいた枝豆を加え、さらに炒めます。



最後に、溶き卵ご飯をとケチャップを加え、ご飯を潰さないように炒めて出来上がりです。



とても簡単にできて、筋肉にも良いので、是非チャレンジしてみてください。



スポンサーリンク

※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。

※当サイトでは厚生労働省・Wikipediaなどの公共性・信頼性の高いサイトの情報を元に科学的な根拠(エビデンス)を担保しています。それらについてはこちらの一覧をご参照ください。



アームレスリング器具とパワーリフティングギア専門店