【うなぎパイのカロリーと栄養素】ダイエットや筋トレに最適な食べ方・レシピ例



うなぎパイは「夜のお菓子」のフレーズで有名な静岡・浜松の銘菓ですが、そのカロリー・栄養素をご紹介するとともに、ダイエットや筋トレの食品として考えた場合の最適な食べ方について解説します。

●うなぎパイとはどんな食べ物?

うなぎパイは有限会社春華堂が製造販売する焼き洋菓子で、静岡県浜松市の銘菓として全国的に知られています。

浜松の名産品である「うなぎ」のエキスが入っており、スタミナ増強にもよいと謳われています。なお、「夜のお菓子」というキャッチフレーズは、一般的にスタミナ増強のイメージだと考えられていますが、同社社長によると「旅行や出張から帰り、夜の一家団欒で食べてほしい」という願いからつけられたフレーズとのことです。



こちらは、うなぎパイの公式動画です。とても楽しい内容ですので、ぜひ、ご覧ください。

●うなぎパイのカロリー・栄養素

うなぎパイ1枚15gあたりのカロリー・栄養素

エネルギー:79kcal

なお、うなぎパイにはいくつかのバリエーションがあり、それらのカロリーは以下の通りです。

うなぎパイナッツ入り|1枚18g:96kcal

うなぎパイV.S.O.P|1枚18g:98kcal

うなぎパイ ミニ|1枚11g:58kcal

うなぎパイ公式ページより参照

なお、うなぎパイの栄養素に関する公式データはありませんので、似通った焼きパイ菓子のデータを参照として以下に表記します。

エネルギー:65kcal
タンパク質:0.5g(2.0kcal)
脂質:2.8g(25.2kcal)
炭水化物:9.5g(47.5kcal)

うなぎパイは非常に純度の高いカロリー食品であることがわかります。

※数値は「食品成分データベース(文部科学省)」を参照しています。

●うなぎパイの目的別の食べ方

・バルクアップ筋トレの場合

うなぎパイはとても純度の高いカロリー食品ですので、トレーニング前の運動エネルギー補給に有効です。

トレーニングの前半には消化の早い炭水化物が、後半には消化の緩やかな脂質が効率的に運動カロリーとして作用します。

・ダイエットの場合

うなぎパイはカロリーの高いお菓子ですので、ダイエットにはあまり向きませんが、通常の食事前に食べることで意図的に血糖値を上げ、食事自体での食欲を抑えるという食べ方があります。

●バルクアップ筋トレとダイエット筋トレの食事の特徴



バルクアップ筋トレの場合には、体重1kgあたり2gの純タンパク質(肉類換算で10g)と、その2~3倍の筋肉合成カロリー(糖質と脂質)が必要です。

健康的なダイエット筋トレの場合には、体重1kgあたり1gの純タンパク質(肉類換算で5g)が最低限必要で、糖質と脂質の摂取量を調整してカロリーカットを行います。

●筋トレと食事の基礎知識



下記の記事はバルクアップ・ダイエットそれぞれの筋トレ目的別に、具体的な食事メニュー・レシピを解説したものです。是非、ご活用ください。

▼関連記事

【筋トレの食事メニューレシピ例紹介】バルクアップ・ダイエットそれぞれに最適なカロリー・栄養素比率

●人気のダイエット食品



なお、下記の記事はダイエット食品について、詳しく解説したものです。是非、ご自身に合ったダイエット食品を見つけてください

▼関連記事

【人気ダイエット食材・食品40特選】効果の理由と具体的でおすすめなやり方を解説



スポンサーリンク

※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。

※当サイトでは厚生労働省・Wikipediaなどの公共性・信頼性の高いサイトの情報を元に科学的な根拠(エビデンス)を担保しています。それらについてはこちらの一覧をご参照ください。



アームレスリング器具とパワーリフティングギア専門店