Search

【筋トレにおすすめ餃子ハンバーグ】豚ヒレ肉とササミで作るダイエット料理レシピ



筋トレ、特にダイエット系筋トレと餃子の相性はあまりよくないのですが、減量中にかぎって食べたくなるのが餃子です。そこで、今回はダイエット中に食べても大丈夫な餃子ハンバーグの作り方をご紹介します。


●豚ヒレ肉とササミのカロリー・栄養素

・どちらも高タンパク質低カロリーでダイエット向き



こちらが、今回のメイン材料の豚ヒレ肉と鶏ササミ肉です。それぞれ100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

○豚ヒレ肉のカロリー・栄養素

エネルギー:115kcal
タンパク質:22.8g (91.2kcal)
脂質:1.9g (17.1kcal)
炭水化物:0.2g (0.8kcal)

○鶏ササミ肉のカロリー・栄養素

エネルギー:105kcal
タンパク質:23g (92kcal)
脂質:0.8g (7.2kcal)
炭水化物:0g (0kcal)

いずれも、非常に高タンパク質低カロリーで、筋トレに最適な肉類であることがわかります。また、複数の肉類を組み合わせることでアミノ酸スコアも向上し、さらにダイエットに有効となります。

●餃子ハンバーグの作り方

・皮を使わずに具だけを焼く



まずは、豚ヒレ肉と鶏ササミ肉をフードプロセッサーでミンチにしていきます。

市販のミンチは、かなり脂身が多いのでダイエット中にミンチを使うときは、かならずブロック肉から作るようにしましょう。



豚ヒレと鶏ササミのミンチに、刻んだモヤシとニラを加えて塩コショウをし、しっかりとこねていきます。

モヤシは野菜類のなかでは圧倒的にタンパク質が豊富ですので、筋トレに最適な野菜と言えます。



餃子の具をハンバーグ状に整えて焼いていきます。今回は風味を考えてオリーブオイルを少量使いましたが、本格的な減量時にはテフロン加工のフライパンで、油を使わずに焼くことをおすすめします。



出来上がりました。あとは餃子のタレをかけるだけで、まるで餃子を食べたような満足感が得られます。

ダイエット中に、どうしても餃子が食べたくなったら、是非お試しください。



スポンサーリンク



※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。

※当サイトでは厚生労働省・Wikipediaなどの公共性・信頼性の高いサイトの情報を元に科学的な根拠(エビデンス)を担保しています。それらについてはこちらの一覧をご参照ください。

トップ競技者が開発・選定する高品質ギア


話題の最新進化型グリップ販売開始

話題の最新進化型グリップ販売開始





スポンサーリンク


アームレスリング器具とパワーリフティングギア専門店

話題の新ブランド

当サイトでは、北米に大きなシェアを持ち、リーズナブルな価格ながら高品質で知られる「LARA★STAR」製品を取り扱っています。
LARA★STAR製品一覧はこちら

ヨーロッパ発世界ブランド