【腕のダンベル筋トレメニュー】部位別(三頭筋・二頭筋・上腕筋・前腕筋)の鍛え方をプロが解説



腕のダンベル筋トレを、その部位別(上腕三頭筋・上腕二頭筋・上腕筋・前腕筋)に動画をまじえて解説します。

自宅トレーニングで丸太のような太い腕を手に入れたい方には必見の内容です。



■腕の筋肉の構造と作用

●上腕三頭筋・上腕二頭筋・上腕筋・前腕筋に分けられる

腕の主要な筋肉は、上腕の後ろ側の上腕三頭筋、上腕の前側の上腕二頭筋、肘関節基部の上腕筋、そして前腕筋群に分けられます。その作用は以下の通りです。

◯上腕三頭筋:肘関節の伸展・上腕の内転

◯上腕二頭筋:肘関節の屈曲・前腕の回外

◯上腕筋:肘関節の屈曲

◯前腕筋群:肘から先の多様な動き

■腕のダンベル筋トレの順番

●複合関節運動から単関節運動へ・高重量から低重量へ



腕のダンベル筋トレを行っていく上で大切なことは、トレーニングの順番です。腕の筋肉は体幹や大腿の筋肉と違い小さな筋肉なので、鍛える順番を間違えると特定の部位だけが疲労してしまい、全体を効率的に鍛えることができなくなります。

腕のダンベル筋トレの基本的な順番は、複数の筋肉と関節を使い高重量で鍛える複合関節運動(コンパウンド種目)から行い、追い込みトレーニングとして単一の筋肉と関節を使い低重量で鍛える単関節運動(アイソレーション種目)を行うことです。

また、一日で腕のトレーニング全てを行う場合は、体積の大きな筋肉、すなわち上腕三頭筋→上腕二頭筋→上腕筋→前腕筋群の順で行うのが基本になります。

■上腕三頭筋のダンベル筋トレ

●上腕三頭筋の英語名称・構造・部位詳細・起始停止



読みかた:じょうわんさんとうきん
英語名称:triceps
部位詳細:長頭外側頭内側頭
起始:肩甲骨関節下結節上腕骨後面上腕骨後面
停止:尺骨肘頭

上腕三頭筋は長頭と短頭(内側頭・外側頭)に別れており、長頭は太さに関わり短頭は馬蹄形の形に関わります。

●ダンベルトライセプスプレス(複合関節運動)



グリップを逆手にしてダンベルプレスを行うダンベルトライセプスプレスは、上腕三頭筋全体に対して効果の高い種目ですが、どちらかと言えば、短頭に負荷のかかりやすい傾向にあります。

◆ダンベルトライセプスプレスのやり方と動作ポイント
①ベンチに仰向けになり、ダンベルを胸の上で逆手でグリップして構える

②肘を外にあまり張り出さないように注意してダンベルを押し上げる

③しっかりと肘を伸ばして上腕三頭筋を完全収縮させる

④ウエイトに耐えながら、筋肉に効かせつつ元に戻る

◆ワンポイントアドバイス
あまり肘を外に張り出すと、負荷が大胸筋に逃げてしまうので注意が必要です。

●ダンベルフレンチプレス(単関節運動)



ダンベルフレンチプレスは上腕三頭筋のなかでも短頭に効果の高い単関節種目です。しっかりと肘を固定して行うのがポイントです。

また、動画のようにオーバーヘッドで行うと、肩甲骨に接合している上腕三頭筋長頭が最大伸展するので、長頭にも非常に効果的です。

◆ダンベルフレンチプレスのやり方と動作ポイント
①ダンベルを頭の上で保持して構える

②肘の位置を動かさないように気をつけて、肘を伸ばしていく

③しっかりと肘を伸ばして上腕三頭筋を完全収縮させる

④ウエイトに耐えながら、筋肉に効かせつつ元に戻る

◆ワンポイントアドバイス
肘の位置を動かすと大胸筋に負荷が逃げてしまうので、肘の位置をしっかりと固定して行うことが大切です。

◆初心者の方へのアドバイス
どうしても反動を使いがちな種目ですので、慣れるまでは座って行うシーテッド形式をおすすめします。

●ダンベルキックバック(単関節運動)



ダンベルキックバックは上腕三頭筋長頭に効果の高い単関節種目です。腕を伸ばしたポジションで、やや回内(手の平が上を向く方向)させると効果が倍増します。

肩関節を動かすと、負荷が背筋に逃げやすくなりますので、しっかりと肘を固定して行ってください。

◆ダンベルキックバックのやり方と動作ポイント
①片手をベンチにつき、もう片手でダンベルを保持し、肘を曲げた位置で構える

②肘の位置を動かさないように気をつけて、肘を伸ばしていく

③しっかりと肘を伸ばして上腕三頭筋を完全収縮させる

④ウエイトに耐えながら、筋肉に効かせつつ元に戻る

◆ワンポイントアドバイス
肘の位置を動かすと背筋群に負荷が逃げてしまうので、肘の位置をしっかりと固定して行うことが大切です。

◆初心者の方へのアドバイス
肩関節を動かすと負荷が背筋群に逃げてしまいますので、注意してください。

■上腕二頭筋・上腕筋のダンベル筋トレ

●上腕二頭筋の英語名称・構造・部位詳細・起始停止



読みかた:じょうわんにとうきん
英語名称:biceps
部位詳細:長頭短頭
起始:肩甲骨関節上結節肩甲骨烏口突起先端
停止:橈骨粗面

上腕二頭筋は長頭と短頭から構成されており、長頭は手の平を縦や下向きにした状態での肘関節屈曲に大きく関与し、上腕筋と強い共働関係にあります。

一方、短頭は手の平を上向きにした状態での肘関節屈曲に大きく関わるとともに、前腕の回外にも強く関与します。



こちらが上腕筋です。小さな筋肉ですが、半羽状筋と呼ばれる収縮力の強い筋繊維構造をしているため、肘関節屈曲において上腕二頭筋よりも筋力を発揮します。

●ダンベルローイング(複合関節運動)



ダンベルローイングは広背筋のトレーニングとして知られていますが、上腕二頭筋全体にも効果の高い複合関節種目です。

胸を張り前を見て行うのがポイントになります。

◆ダンベルローイングのやり方と動作ポイント
①ベンチに片手をつき、前傾姿勢を作り、腕を伸ばした位置でダンベルを持って構える

②肩甲骨を寄せながらダンベルを引き上げる

③ダンベルを引き上げたら、肩甲骨を寄せきり、やや顎を上げて背筋群を完全収縮させる

④ウエイトに耐えながら、筋肉に効かせつつ元に戻る

◆ワンポイントアドバイス
背中が丸まっていると背筋群が完全収縮しないので、視線を前に向け背すじを伸ばして行ってください。

◆初心者の方へのアドバイス
手をつく台は、腕を完全に伸ばしきってもダンベルが床につかない高さのものを選んでください。

●ダンベルドラッグカール(複合関節運動)



ダンベルドラッグカールは通常のカール動作に肘を引く動きを組み込んだ複合関節種目です。上腕二頭筋短頭を集中して鍛えることが可能です。

◆ダンベルドラッグカールのやり方と動作ポイント
①背すじを伸ばして立ち、腕を伸ばした位置でダンベルをグリップして構える

②肘を後ろに引きながら、肘を曲げてダンベルを持ち上げていく

③ダンベルを持ち上げたら、同じ軌道でウエイトに耐えながら筋肉に効かせつつ元に戻る

◆ワンポイントアドバイス
肘関節を後ろに引くときに肩甲骨を寄せてしまうと負荷が僧帽筋に逃げてしまうので注意が必要です。

●インクラインダンベルカール(複合関節運動)



インクラインダンベルカールは先ほどのダンベルドラッグカールとほぼ同様の効果のある複合関節種目です。

◆インクラインダンベルカールのやり方と動作ポイント
①インクラインベンチに座り、腕を伸ばした位置でダンベルをグリップして構える

②肘の位置を動かさないように注意し、肘を曲げてダンベルを持ち上げていく

③ダンベルを持ち上げたら、ウエイトに耐えながら筋肉に効かせつつ元に戻る

◆ワンポイントアドバイス
肘の位置を動かすと僧帽筋に負荷が逃げやすくなりますので、しっかりと肘の位置を固定して行うことが大切です。

●ダンベルカール(単関節運動)



上腕二頭筋全体に効果の高い単関節種目がダンベルカールです。反動を使わず、しっかりと肘を固定して行うのがポイントです。

また、反動を使って上半身を反らせると負荷が僧帽筋に逃げやすくなります。反動を使いがちな方は、交互にダンベルを挙げるオルタネイト式がおすすめです。

◆ダンベルカールのやり方と動作ポイント
①背すじを伸ばして立ち、腕を伸ばした位置でダンベルをグリップして構える

②肘の位置を動かさないように注意し、肘を曲げてダンベルを持ち上げていく

③ダンベルを持ち上げたら、ウエイトに耐えながら筋肉に効かせつつ元に戻る

◆ワンポイントアドバイス
肘の位置を動かすと僧帽筋に負荷が逃げやすくなりますので、しっかりと肘の位置を固定して行うことが大切です。

◆初心者の方へのアドバイス
つい重さを追求しがちな種目ですが、高重量のダンベルを反動を使ったり肩関節を動かして挙げても背筋群に負荷が逃げるだけです。しっかりとコントロールできる重量設定をしてください。

●ダンベルハンマーカール(単関節運動)



ダンベルを縦に保持して行うダンベルハンマーカールは、上腕二頭筋長頭と上腕筋に効果的なダンベルトレーニングです。反動を使わず肘を固定して行ってください。

なお、ダンベルカール系のトレーニングでは、下記のようなアームブラスターを使用すると、肘が完全に固定されて集中的に上腕二頭筋を鍛えることが可能です。

◆ダンベルハンマーカールのやり方と動作ポイント
①背すじを伸ばして立ち、腕を伸ばした位置で手の平が向き合うようにダンベルをグリップして構える

②肘の位置を動かさないように注意し、肘を曲げてダンベルを持ち上げていく

③ダンベルを持ち上げたら、ウエイトに耐えながら筋肉に効かせつつ元に戻る

◆ワンポイントアドバイス
肘の位置を動かすと僧帽筋に負荷が逃げやすくなりますので、しっかりと肘の位置を固定して行うことが大切です。

●ダンベルサイドカール(単関節運動)



ダンベルサイドカールはやや特殊なトレーニング方法ですが、上腕二頭筋長頭と上腕筋に効果的です。ハンマーカールの刺激に慣れてきた時に、トレーニングのアクセントとしておすすめです。

◆ダンベルサイドカールのやり方と動作ポイント
①背すじを伸ばして立ち、腕を伸ばした位置で片手でダンベルをグリップして構える

②肘の位置を動かさないように注意し、肘を曲げてダンベルを胸の前に持ち上げていく

③ダンベルを持ち上げたら、ウエイトに耐えながら筋肉に効かせつつ元に戻る

◆ワンポイントアドバイス
ダンベルサイドカールは通常のカール系種目と刺激が異なるため、上腕二頭筋がトレーニングの負荷に慣れてしまった発達停滞期に導入すると効果的です。

●コンセントレーションカール(単関節運動)



上腕二頭筋短頭に対して効果の高いのがダンベルコンセントレーションカールです。肘を曲げながら回外方向に捻りを加えることで、上腕二頭筋短頭が完全収縮し効果が倍増します。

◆ダンベルコンセントレーションカールのやり方と動作ポイント
①ベンチに座り、太ももの内側に肘を当て、ダンベルを片手でグリップして構える

②肘の位置を動かさないように注意し、肘を曲げてダンベルを胸の前に持ち上げていく

③ダンベルを持ち上げたら前腕を回外回旋させて上腕二頭筋を完全収縮させる

④ウエイトに耐えながら筋肉に効かせつつ元に戻る

◆ワンポイントアドバイス
ダンベルを持ち上げた後に、前腕を回外回旋させることが、上腕二頭筋短頭を強く収縮させるためには重要です。

◆初心者の方へのアドバイス
挙げる時だけでなく、下ろす時にもウエイトに耐えながらゆっくりと下ろし、伸張性収縮(エキセントリック収縮)の刺激をしっかりと入れてください。

■前腕筋群のダンベル筋トレ

●ダンベルリストカール



前腕屈筋群のダンベル筋トレの定番がダンベルリストカールです。20~30回の高反復回数で鍛えると効果的です。

●ダンベルリバースリストカール



ダンベルリストカールをしたら、その拮抗筋群である前腕伸筋群に効果的なダンベルリバースリストカールも行いましょう。

■筋肉の名称と作用



身体を鍛えていく上で、まず理解したいのが全身の主な筋肉の名称と作用です。それぞれの筋肉の役割を知ることで、効率のよいトレーニングを行うことが可能になります。

▼筋肉名称デジタル図鑑

【筋肉名称デジタル図鑑】各部位の名前・作用・筋トレ方法(鍛え方)

■身体を鍛えたら食事にも気を使う



筋トレの効果を高める食事や栄養の知識がなければ、いくらトレーニングだけを頑張っても大きな効果は得られません。下記の記事では、三大栄養素に関する基礎知識から、筋トレ目的別の食事メニューの基本理論、具体的な食品食材、実際の筋肥大期と減量期の食事レシピを解説・ご紹介しています。

▼筋トレの効果を高める食事

【目的別筋トレ食事メニュー例】増量期・減量期の食品と具体的レシピを紹介


※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。

※当サイトでは厚生労働省・Wikipediaなどの公共性・信頼性の高いサイトの情報を元に科学的な根拠(エビデンス)を担保しています。それらについてはこちらの一覧をご参照ください。