Search

【マシンカール】上腕二頭筋の基本シムマシントレーニングを解説



マシンカールは上腕二頭筋の基本となるジムマシントレーニングです。その種類とやり方を動画をまじえて解説します。



■マシンカールが効果のある筋肉部位

●上腕二頭筋の英語名称・構造・部位詳細・起始停止



読みかた:じょうわんにとうきん
英語名称:biceps
部位詳細:長頭短頭
起始:肩甲骨関節上結節肩甲骨烏口突起先端
停止:橈骨粗面

マシンカールは上腕二頭筋長頭と短頭および上腕筋に効果があります。

■マシンカールの動画とやり方



こちらがマシンカールの模範的な動画です。どうがのような、ノーマルアタッチメントだと上腕二頭筋全体に効果があります。やや上体を後ろに傾けて行うのがポイントです。

◆マシンカールのやり方と動作ポイント
①背すじを伸ばして座り、腕を伸ばした位置でハンドルをグリップして構える

②肘の位置を動かさないように注意し、肘を曲げて拳を引き上げていく

③拳を引き上げたら、ウエイトに耐えながら筋肉に効かせつつ元に戻る

◆ワンポイントアドバイス
肘の位置を動かすと僧帽筋に負荷が逃げやすくなりますので、しっかりと肘の位置を固定して行うことが大切です。

■グリップによる効く部位の変化

●ハンマーグリップ

手の平が向き合うように縦持ちで握るハンマーグリップでは、上腕二頭筋のなかでも長頭に対する負荷割合が増加します。

●リバースグリップ

手の平が下向きになるように握るリバースグリップでは、上腕二頭筋だけでなく前腕筋群にも負荷が加わります。

■ジムトレーナーとしての実際の指導ポイント



マシンカールはその収縮率の高さを利用して、限界まで上腕二頭筋を追い込み仕上げるのに適した種目です。反動やチートを使わずに、意識を集中してじっくり追い込むのがポイントになります。

■マシンカールの順番と回数設定



マシンカールは、上腕二頭筋の仕上げ向きの種目であり単関節運動なので、懸垂やプル・ローイング系などの複合関節運動後に、軽めの重量でゆっくりとした動作で効かせるようにします。

また、適切な1セットの負荷回数設定は以下の通りです。

○筋肥大トレーニング:6~10回
○通常トレーニング:15回前後
○ダイエット筋トレ:20回以上

■筋肉の名称と作用



身体を鍛えていく上で、まず理解したいのが全身の主な筋肉の名称と作用です。それぞれの筋肉の役割を知ることで、効率のよいトレーニングを行うことが可能になります。

▼筋肉名称デジタル図鑑

【筋肉名称デジタル図鑑】各部位の名前・作用・筋トレ方法(鍛え方)

■身体を鍛えたら食事にも気を使う



筋トレの効果を高める食事や栄養の知識がなければ、いくらトレーニングだけを頑張っても大きな効果は得られません。下記の記事では、三大栄養素に関する基礎知識から、筋トレ目的別の食事メニューの基本理論、具体的な食品食材、実際の筋肥大期と減量期の食事レシピを解説・ご紹介しています。

▼筋トレの効果を高める食事

【目的別筋トレ食事メニュー例】増量期・減量期の食品と具体的レシピを紹介

■おすすめのアームブラスター



上腕二頭筋トレーニングのマストアイテムとも言えるのが、肘を固定して負荷を筋肉に集中させることのできるアームブラスターです。

筆者の運営ジムでは、事前に試験輸入し品質を確認した「LARA★STAR」のアームブラスターを、生産工場から直接仕入れることによりリーズナブルに提供しています。

LARA★STARアームブラスターを見てみる



スポンサーリンク


※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。

※当サイトでは厚生労働省・Wikipediaなどの公共性・信頼性の高いサイトの情報を元に科学的な根拠(エビデンス)を担保しています。それらについてはこちらの一覧をご参照ください。

トップ競技者が開発・選定する高品質ギア







スポンサーリンク


アームレスリング器具とパワーリフティングギア専門店

話題の新ブランド

当サイトでは、北米に大きなシェアを持ち、リーズナブルな価格ながら高品質で知られる「LARA★STAR」製品を取り扱っています。
LARA★STAR製品一覧はこちら

ヨーロッパ発世界ブランド