【三角筋のジム筋トレ】肩の前部・中部・後部それぞれのマシンでの鍛え方



肩の筋肉である三角筋のジムでのマシンを使った鍛え方・筋トレ方法を、前部・中部・後部の部位別に動画をまじえて解説します。三角筋のトレーニング方法は多岐にわたりますが、なかでもマシン筋トレの基本であるスミスマシンとケーブルマシンの使い方を中心にご紹介していきます。



■三角筋の筋トレマシンの種類

●スミスマシン



三角筋のトレーニングマシンのなかでも、バーベルでのフリーウエイトトレーニングに近い感覚で行えるのがスミスマシンです。フリーウエイトトレーニングとの違いは、マシンのレールがウエイトのグラつきを支えてくれることで、これによりウエイトを挙上し筋肉を収縮させることに集中できるというメリットがあります。

反面、ウエイトのブレを自身が支える必要がないため、体幹インナーマッスルが鍛わりにくいというデメリットがありますので、バーベルやダンベルでのフリーウエイトトレーニングと併用するのが理想的です。

●ケーブルマシン



スミスマシンとならび三角筋トレーニングマシンの代表的なものがケーブルマシンです。ケーブルマシンは滑車を介することにより、通常のフリーウエイトトレーニングでは不可能な「上からウエイトを引く」「前からウエイトを引く」という軌道での筋トレを可能にしています。

また、他の一般的な筋トレマシン類と違い、ウエイトの軌道を支えるレールなどがなく、軌道を自由に変化させられるため、マシントレーニングでありながらフレキシブルな動作が可能な点が最大の特徴です。

なお、ケーブルマシンのグリップ部分(ケーブルアタッチメント)には、ワイド・ナロー・パラレル・ロープなどがありますが、これに関しては各筋トレメニューの項目でご紹介します。

●ショルダープレスマシン



三角筋全体を鍛えられる種目がショルダープレス系の筋トレですが、そのショルダープレスだけに特化したのがショルダープレスマシンです。多くのジムで設置されてます。

■三角筋の構造と作用

●三角筋の英語名称・構造・部位詳細・起始停止



読みかた:さんかくきん
英語名称:deltoid muscle
部位詳細:前部中部(側部)後部
起始:鎖骨外側前縁肩甲骨肩峰肩甲骨肩甲棘
停止:上腕骨三角筋粗面

三角筋は、前部・中部・後部の三部位に分けられ、全てが共働すると「腕を上に上げる」作用があります。なお、各部位のそれぞれの作用は以下の通りです。

○三角筋前部:腕を前に上げる作用があります。

○三角筋中部:腕を横に上げる作用があります。

○三角筋後部:腕を後ろに上げる作用があります。

■三角筋全体のマシントレーニング

●マシンショルダープレス



マシンショルダープレスはどこのジムに行ってもほぼ設置してある、非常にメジャーなトレーニングマシンです。

マシンの軌道が固定されているため、肩に負担のかからないポジショニングをすることが大切で、事前に軽い重量で軌道確認を行うことをおすすめします。

また、肘が体幹より後ろにきてしまうと肩関節に負担がかかりますので注意してください。

◆マシンショルダープレスのやり方と動作ポイント
①背すじを伸ばしてシートに座り、バーをグリップして構える

②背中が丸くならないように視線を上に向け、腕を上に押し出していく

③腕を押し出したら、腕をしっかりと伸ばし三角筋を完全収縮させる

④ウエイトに耐えながら、筋肉に効かせつつ元に戻る

◆ワンポイントアドバイス
三角筋は背筋や大胸筋に隣接しているため、肩甲骨を動かしてしまうと負荷がそれらの体幹表層筋に逃げてしまいますので、セット中は肩甲骨を動かさないことが大切です。

●スミスマシンショルダープレス



スミスマシンショルダープレスは、バーベルトレーニングに近い感覚でトレーニングを行うことができる方法です。

こちらも軌道が一直線に固定されますので、肩関節保護のために、事前に軌道確認を行うことをおすすめします。

シャフトを首の後ろに下ろすビハインドネックと呼ばれるバリエーションもありますが、慣れとテクニックが必要になりますので、初心者の方にはこちらの動画のようなオーバーヘッドスタイルがおすすめです。

◆スミスマシンショルダープレスのやり方と動作ポイント
①背すじを伸ばし、肩の高さでシャフトをグリップして構える

②背中が丸くならないように視線を上に向け、腕を上に押し出していく

③腕を押し出したら、腕をしっかりと伸ばし三角筋を完全収縮させる

④ウエイトに耐えながら、筋肉に効かせつつ元に戻る

◆ワンポイントアドバイス
三角筋は背筋や大胸筋に隣接しているため、肩甲骨を動かしてしまうと負荷がそれらの体幹表層筋に逃げてしまいますので、セット中は肩甲骨を動かさないことが大切です。

●スミスマシンアップライトローイング



効かせるのにテクニックが必要な三角筋のトレーニング種目が多いなかで、比較的動作の簡単で初心者にもおすすめなのがアップライトローイング系の種目です。

こちらの動画はスミスマシンを使ったアップライトローイングですが、手幅を肩幅よりやや狭くし、肘を手より先行させて挙上動作を行うことがポイントです。

◆スミスマシンアップライトローのやり方と動作ポイント
①背すじを伸ばし、腕を伸ばした位置でシャフトをグリップして構える

②肘を先行させて、肩甲骨を寄せないように気をつけて、シャフトを真上に引き上げていく

③シャフトを肩の高さまで引き上げたら、ウエイトに耐えながら筋肉に効かせつつ元に戻る

◆ワンポイントアドバイス
肩甲骨を寄せる動作をしてしまうと背筋群に負荷が逃げてしまうので注意してください。

●ケーブルアップライトローイング



ケーブルマシンを使ったアップライトローイングは、軌道が固定されていないので、やや慣れが必要な反面、自由に動作ができるため肩関節に負担のないトレーニングが可能です。

また、マシンに近づいて真上に動作をすることで三角筋前部に、マシンから離れて斜め後方に動作をすることで三角筋後部に負荷をかけることができます。

◆ケーブルアップライトローのやり方と動作ポイント
①背すじを伸ばし、腕を伸ばした位置でケーブルアタッチメントをグリップして構える

②肘を先行させて、肩甲骨を寄せないように気をつけて、拳を真上に引き上げていく

③拳を肩の高さまで引き上げたら、ウエイトに耐えながら筋肉に効かせつつ元に戻る

◆ワンポイントアドバイス
肩甲骨を寄せる動作をしてしまうと背筋群に負荷が逃げてしまうので注意してください。

■三角筋前部のマシントレーニング

●ケーブルフロントレイズ



ケーブルフロントレイズは三角筋前部を集中的に鍛えることが可能なトレーニング方法です。反動を使わないようにするのが最大のポイントになります。

◆ケーブルフロントレイズのやり方と動作ポイント
①背すじを伸ばして立ち、腕を伸ばした位置でケーブルアタッチメントをグリップして構える

②上半身を反らせないように気をつけ、肘を伸ばしたまま、肩甲骨を寄せずに拳を前に上げていく

③拳を肩の高さまで上げたら、ウエイトに耐えながら同じ軌道で元に戻る

◆ワンポイントアドバイス
上半身を反らせたり、肩甲骨を寄せる動作を行うと負荷が背筋群に逃げてしまうので注意してください。



また、片手ずつ動作を行うワンハンドフロントレイズは、可動範囲が広くなるのでさらに効果的です。

■三角筋中部のマシントレーニング

●ケーブルサイドレイズ



ケーブルサイドレイズは三角筋中部を集中的に鍛えることのできるマシン筋トレです。

肩甲骨を寄せる動作をしてしまうと、背中の筋肉(特に僧帽筋)が動員されてしまい、三角筋への効果が薄れますので注意してください。

◆ケーブルサイドレイズのやり方と動作ポイント
①背すじを伸ばして立ち、腕を伸ばした位置でケーブルアタッチメントをグリップして構える

②上半身を反らせないように気をつけ、肘を伸ばしたまま、肩甲骨を寄せずに拳を横に上げていく

③拳を肩の高さまで上げたら、ウエイトに耐えながら同じ軌道で元に戻る

◆ワンポイントアドバイス
上半身を反らせたり、肩甲骨を寄せる動作を行うと負荷が背筋群に逃げてしまうので注意してください。



どうしても肩甲骨を寄せてしまうという方は、こちらのようにケーブルを身体の後ろに通すバリエーションで行うとよいでしょう。

■三角筋後部のマシントレーニング

●ケーブルリアラテラルレイズ



三角筋後部を集中的に鍛えられるのが、ケーブルリアラテラルレイズです。三角筋トレーニングのなかでも難易度の高い種目で、背中の筋肉を動員しないように、肩甲骨を寄せずに動作を行うのが最大のポイントになります。

◆ケーブルリアレイズのやり方と動作ポイント
①背すじを伸ばして前傾姿勢を作り、腕を伸ばした位置でケーブルアタッチメントをグリップして構える

②上半身を反らせないように気をつけ、肘を伸ばしたまま、肩甲骨を寄せずに拳を後ろに上げていく

③拳を肩の高さまで上げたら、ウエイトに耐えながら同じ軌道で元に戻る

◆ワンポイントアドバイス
上半身を反らせたり、肩甲骨を寄せる動作を行うと負荷が背筋群に逃げてしまうので注意してください。

●ケーブルフェイスプル



比較的動作が簡単で、初心者にもおすすめの三角筋後部のマシントレーニングがケーブルフェイスプルです。

横から見て、肘が手よりも先行するように動作をしてください。

◆ケーブルフェイスプルのやり方と動作ポイント
①背すじを伸ばして立ち、ケーブルアタッチメントをグリップして構える

②肘を肩よりも高く上げたまま、拳を顔まで引き寄せる

③拳を顔の前まで引き寄せたら、ウエイトに耐えながら同じ軌道で元に戻る

◆ワンポイントアドバイス
三角後部に負荷を集中させるためには、肘を上げて、肩甲骨を寄せないようにして動作することが大切です。

このほかにも、ケーブルマシンを使用したフロントレイズ、サイドレイズ、リアレイズがあり、仕上げトレーニングとして有効です。

■筋肉の名称と作用



身体を鍛えていく上で、まず理解したいのが全身の主な筋肉の名称と作用です。それぞれの筋肉の役割を知ることで、効率のよいトレーニングを行うことが可能になります。

▼筋肉名称デジタル図鑑

【筋肉名称デジタル図鑑】各部位の名前・作用・筋トレ方法(鍛え方)

■身体を鍛えたら食事にも気を使う



筋トレの効果を高める食事や栄養の知識がなければ、いくらトレーニングだけを頑張っても大きな効果は得られません。下記の記事では、三大栄養素に関する基礎知識から、筋トレ目的別の食事メニューの基本理論、具体的な食品食材、実際の筋肥大期と減量期の食事レシピを解説・ご紹介しています。

▼筋トレの効果を高める食事

【目的別筋トレ食事メニュー例】増量期・減量期の食品と具体的レシピを紹介


※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。



スポンサーリンク