SuperFitness for Power+Health,ExpertSite
スマホ最適化・高速表示低パケット
仲介業者を通さず直接輸入でリーズナブル

Search

当サイトの格闘技関係記事の一覧


格闘技記事一覧

空手などの打撃格闘技で、まだ心技体の完成していないジュニア選手が、組手・試合に勝つために必要な心技体の作り方に関して、小学・中学・高校とテコンドージュニア強化選手であった息子ハヤテを育成した実際の経験(セコンド・トレーナーとして)をもとに解説します。 空手などフルコンタク...
空手やテコンドーなどの打撃格闘競技において、ハイキック=上段蹴りは大きな加点になるだけでなく、当たり方によっては一撃KOも狙える大きな技です。上段の回し蹴り・前蹴り・かかと落とし・回転蹴りなど各種のポイント・コツと撃つタイミングを技と状況別に解説します。 なお、こち...
打撃格闘技においてミドルキック=中段回し蹴りは、ハイキックに比べると地味でポイントも少ないため、ついおろそかにされがちですが、相手のスタミナを削ったり、相手の意識を腹部防御に集中させておいてからのハイキックへの変化へつなげるなど、基本となる蹴りです。また、特に左脚でのミドルキ...
スタンダード構えからスイッチせずに前足で撃つ左ミドルは、かなり難易度の高い技ですが、レバーブローとして効果的なだけでなく、左ハイキックのおとりとしても非常に有効です。 スイッチしない左ミドルの蹴り方と威力を上げるための軸足の返し方・腰の入れ方を、フルコンタクト空手からテコ...
幼少からフルコンタクト空手をはじめ、五輪種目テコンドーに転向、小・中・高とジュニア強化指定選手を経て、現在は東日本地区チャンピオンのHayate Kamioka選手の得意技での一つでもある「中段突き」のなかでも、一撃で相手を倒す威力のあるカウンターハートパンチの撃ち方を解説し...
空手など打撃格闘技では、つい派手な攻撃技に気をとられがちですが、それよりも重要で、組手の基礎となるのが防御=受け・ガードです。 今回は、防御の基本となる中段回し蹴りに対する受け方の悪い例と良い例を解説するとともに、フルコンタクト空手からテコンドーに転向し、小・中・高と全日...
空手やテコンドーの大技で、一撃KOも狙える上段後ろ回し蹴り(テコンドーではティフルギ)のやり方のコツ(軸足の返し・タイミング・腕の使い方)を解説します。 幼少からフルコンタクト空手をはじめ、五輪種目テコンドーに転向、小・中・高とジュニア強化指定選手を経て、現在は東日本地区...
空手のかかと落とし(テコンドーではネリチャギ・チッキ)は、上段蹴りのなかでもかなりの高難易度技ですが、あまり実戦で撃つ選手が少ないため、慣れない相手にヒットしやすい上段技です。 かかと落としの最大の難点は、距離が伸びにくくかわされやすいことですが、かかと落としの伸ばし方(...
ボクシング・キックボクシング・空手・テコンドーなどパンチのある打撃格闘技でのパンチ力を向上させる筋トレに関して、パンチを打つ場所(ヘッドorボディー)と打ち方(ストレート系・フック系・アッパー系)に細かく分類し解説します。 また、パンチ力=パワーとスピードの関係についても...
格闘技やサッカーに必要な「キック力」を向上させる筋肉と、その筋肉部位別の筋トレ方法、なかでも自宅で自重とダンベルを使って行える種目について解説します。本記事で解説する「力」とは、威力だけではなく、高く速く安定して蹴るための総合的な「能力」のことで、筆者の息子で高校生・一般部門...
フルコンタクト空手ジュニア県チャンピオンから五輪を目指してテコンドーに転向し、小学生・中学生・高校生と全日本メダルを獲得し、ジュニア強化指定選手となり、現在、国内最強豪大学で修行中の息子ハヤテのフィジカルトレーナーとして実践してきた、空手など打撃格闘技が強くなる筋トレメニュー...
子供(小学二年生)からフルコンタクト空手をはじめ、県ジュニア王者を経て五輪を目指しテコンドーに転進、小学生・中学生・高校生とJOC全日本ジュニアのメダル奪取多数、JR強化指定選手にも数度選出されている当サイト監修者・Hayate Kamioka選手ですが、そのベースは本記事筆...
下腹部を中心として「最強レベルの効果がある腹筋トレーニング」とも呼ばれるドラゴンフラッグは、かのブルース・リーが発案したとされる超高強度の自重トレーニングです。また、身体を支えるために上半身の筋肉も必要とされるためハイブリッド筋トレの側面も持ち合わせています。 そのやり方...
全身の筋肉を一度に爆発的に鍛えることのできる複合自重トレーニング=ハイブリッド自重筋トレのなかでも高強度で効果が抜群の種目を厳選してご紹介・解説します。 今回ご紹介する高強度トレーニングのなかには、かのブルース・リーが発案したとされる種目や実践していたとされる種目も少なか...




スポンサーリンク



※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。

※当サイトでは厚生労働省・Wikipediaなどの公共性・信頼性の高いサイトの情報を元に科学的な根拠(エビデンス)を担保しています。それらについてはこちらの一覧をご参照ください。

当サイト運営・トップ競技者厳選ショップ
世界連盟IFA・IPF公認トレーニング用品店

北米に続き日本でもブレイク開始


スポンサーリンク

高品質トレーニングギア武器屋・鬼・GLFIT

当サイト提携ジムONI GYM 24 ONIGYM24大阪店ONIGYM24東京店

当サイト運営ジムで実際に使用している用品

記事制作©FutamiTC/MazurenkoJapan