スマホ最適化・高速表示低パケットサイト
SuperFitness for Power+Health,ExpertSite

当サイト運営・トップ競技者厳選ショップ
生産工場から直接輸入のためリーズナブル

サイト内検索

【ベンチプレス100kgはすごい?】それは体重による|見た目の体型や人口割合



トレーニングジムを運営していると、全くの初心者の方が最初の目標にする第一位が「ベンチプレス100kg挙上」です。

「ベンチプレス100kgはすごい」というネット記事なども散見されますが、実際にそうなのでしょうか?

ジムトレーナーとしての経験をまじえた率直な意見を述べるとともに、ベンチプレス100kgを挙げる身体の外見的な大きさ、人口における割合などについても解説します。


ベンチプレス100kgはすごい?

全国大会には出場できない

fitness-1038434_960_720.jpg

まずは、下記の表をご覧ください。日本パワーリフティング協会によるベンチプレスの全国大会(ノーギア)の男子出場標準記録は体重階級別に以下の通りです(2018年度現在)。

一般(16歳~39歳)
59kg級(107.5kg)
66kg級(117.5kg)
74kg級(127.5kg)
83kg級(137.5kg)
93kg級(147.5kg)
105kg級(155kg)
120kg級(160kg)
120kg超級(165kg)

どのレベルを「すごい」とするかには、明確な決まりはありませんが、やはりすごいと言うからには、せめて全国区のレベルである必要があるのは一般的な指標です。

公式競技としてのベンチプレス全日本大会の出場標準記録は、少なくとも最軽量級ですら、ベンチプレス107.5kg以上を挙げなくては、全国大会に出ることができないことをあらわしています。

競技界の漠然とした目安ではありますが、全国大会に出場してやっと一人前であり、武道界で言えばやっと黒帯という感覚です。

もちろん、これは体重によりますが、軽量級でベンチプレス100kgだと茶帯(武道の1~2級)、中量級、重量級だとまだまだ修行中といった感じに扱われるのが普通です。

筆者のジムにおいても、ベンチプレス100kgは初心者卒業の壁という認識で、そこから中級者としてのトレーニングがスタートします。

ベンチプレス100kgの人口割合1%?

そもそもベンチプレスをしたことがある成人男性は何%か

graph-1302827_960_720_201608070635164ea.jpg

ネット記事などで散見される情報として、「ベンチプレス100kgを挙げるのは人口の1%」というものがありますが、これは間違いではありませんが、少々過大な表現かなと感じています。

まず、人口の半分は女性ですので、そもそも50%はなくなります(一部トップアスリート女性は100kgを挙げますが)。

そして、子供や高齢者を差し引くと、そもそも比較対象の男性の比率はさらに半分近くになり、基礎体力としてベンチプレス100kgに臨める人口は全体の25%程度になります。

さらに、残りの25%の男性のなかにフリーウエイトのバーベルベンチプレスをやったことがある人がどれくらいいるでしょう?

おそらく、10%前後ではないでしょうか。

こうなると、ベンチプレス100kgに現実的に挑戦する成人男性はすでに全人口の2.5%程度であり、ジムに通ってバーベルベンチプレスのトレーニングを行っていれば2~3人に1人はベンチプレス100kgを挙げることになります。

実際、トレーニングジムでは2~3人に1人はベンチプレス100kgを挙げるように感じますので、結論として「ベンチプレス100kgは全人口の1%」は間違いではありませんが、言葉のロジックではないでしょうか。

ベンチプレス100kgの見た目の体型は?

ちょっとゴツいかなというレベル

ここまで解説してきたように、ベンチプレス100kgというのは、トレーニングジムでは「初心者卒業」というレベルですので、外見的にはそれほどゴツくもマッチョでもありません。

胸囲で言えば100cmくらいですので、服をきていると少しゴツく感じる程度で、人から「鍛えてますか?」と聞かれるほどの外見ではないと言えるでしょう。

ベンチプレス100kgの壁を超えるためのギア


このように、ベンチプレス100kgはトレーニングを継続してれば「いつかは挙上できる重量」ではありますが、初心者の方にとっての最初の壁が100kgであることもまた事実です。

ベンチプレス100kgの壁を超えるためには、トレーニングルーティーンやメニュープログラムを適切に組み上げていくことが重要ですが、「あと数kgで超えられる」というレベルに来ている場合に有効なのが、ベンチプレススリングショットです。

上の写真のように、サポーターを装着して100kg以上のベンチプレスを行うことで、筋肉に100kg以上の重量を体験させ、「マッスルメモリー(筋肉の記憶)」に重量を覚えさせるのです。

これにより、あと数kgを超えることが可能とされています。


当サイト運営ショップでは、北米で高いシェアを誇るLARA★STAR製の高品質ベンチプレススリングショットを取り扱っており、とても多くのベンチプレス初心者の方にご利用いただいています。

▼詳細を見る
北米に大きなシェアを持つ世界的トレーニング器具メーカー「LARA★STAR」のベンチプレスサポーターです。本製品のサポート力を使い、自力だけでは挙げられない重量を挙上体験することにより、筋肉が重量を記憶し(マッスルメモリー)、より早い発達を促すことができます。本製品を装着した状態で、100〜140kgのベンチプレスを挙

ベンチプレス世界ランカーの記事



下記の記事は、当サイトGLINTに客員執筆いただいている、パワーリフティング選手で世界ランカーでもある奥谷元哉選手によるベンチプレス専門記事です。



【ベンチプレス100kgを挙げるやり方】フォームとメニューの組み方を元全日本王者が解説

【戦歴】

2009年全日本パワーリフティング選手権大会75kg級大会優勝

2011年全日本パワーリフティング選手権大会74kg級優勝

2011日本ベンチプレス選手権大会74kg級3位

2011年世界パワーリフティング選手権大会ベンチプレス種目別74kg級2位

2012年アジアパワーリフティング選手権大会ベンチプレス種目別74kg級1位

2014日本ベンチプレス選手権大会74kg級3位

2015年全日本ベンチプレス選手権大会74kg級3位

2017年全日本パワーリフティング選手権大会74kg級3位

2018年全日本ベンチプレス選手権大会74kg級3位

プロフィールページはこちら

ベンチプレス記事一覧

ベンチプレスの正しいやり方

ベンチプレスの補助筋トレ

ベンチプレスの呼吸方法

ベンチプレスと肩の痛み

ベンチプレス100kgはすごい?

発想の筋トレ

目からうろこのコラム記事集

 

大好評の発想と工夫の筋トレシリーズを一覧にまとめました。

うまく効かせられない筋トレ種目がある時は、ぜひ、参考にしてください。

【効率的な筋トレ】まだそのやり方で消耗してるの?目からウロコのコラム記事集

スポンサーリンク


※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。

※当サイトでは厚生労働省・Wikipediaなどの公共性・信頼性の高いサイトの情報を元に科学的な根拠(エビデンス)を担保しています。それらについてはこちらの一覧をご参照ください。

スポンサーリンク

当サイト運営・トップ競技者厳選ショップ
生産工場から直接輸入のためリーズナブル

北米に続き日本でもブレイク開始

マシン筋トレの疑問を解決する人気記事

執筆アスリート陣がリピートしている食材

スポンサーリンク
高品質トレーニングギア武器屋・鬼・GLFIT

当サイト提携ジムONI GYM 24 ONIGYM24大阪店ONIGYM24東京店

当サイト運営ジムで実際に使用している用品

記事制作©FutamiTC/MazurenkoJapan