【さつまいもダイエット】実はパンやご飯より低カロリー|ストレスなく痩せられる方法

7987783525_fcd1367de5_b.jpg

甘くて炭水化物が多いので「太りやすい食品」と考えられがちなサツマイモですが、実は、同じ重さのパンやご飯よりも低カロリーで食物繊維やビタミン類も豊富なので、ダイエットにむいた食品です。

●サツマイモがダイエットに効果がある理由


sweet-potato-1666707_960_720.jpg

サツマイモのダイエット効果のなかでも、まず特筆するべきなのが「食物繊維の豊富さ」です。食物繊維が多い食品は、胃の中で膨れるため物理的な満腹感があります。また、ダイエット時にありがちな便秘を防いでくれる効果もあります。さらに、サツマイモには「ヤラピン」と呼ばれる整腸作用のある物質が含まれるので、便秘対策にはうってつけなのです。

また、サツマイモはビタミン類の宝庫で、これによりダイエット時の基礎代謝低下が防げ、ダイエット効果が加速します。

●サツマイモのカロリーと栄養


sweet-potatoes-742283_960_720.jpg

サツマイモは100gあたりで132kcalと、ご飯の160kcalにくらべてずいぶんと低カロリーです。また、その栄養素は以下の通りです。

タンパク質 1.2g (4.8kcal)

脂質 0.2g (1.8kcal)

炭水化物 31.5g (126kcal)

食物繊維 2.3g

ビタミンA 2μg

ビタミンE 1.6mg

ビタミンB1 0.11mg

ビタミンB2 0.03mg

ナイアシン 0.8mg

ビタミンB6 0.28mg

葉酸 49μg

パントテン酸 0.96mg

ビオチン 4μg

ビタミンC 29mg

●サツマイモダイエットの具体的なやり方


china-1177665_960_720_20161120081248fae.jpg

サツマイモダイエットの具体的なやり方として代表的なものが朝食または昼食をサツマイモだけにする「置き換えダイエット」です。サツマイモは消化がゆっくりな食品なので、夕食に置き換えるのにはむいていません。

調理法としては「蒸す」または「茹でる」のが簡単です。間違ってもフライにしたり大学芋にしたりはしないように気をつけてください。また、食物繊維や有効成分は皮や皮周辺に多いので、「皮ごと調理して皮ごと食べる」ようにしてください。

なお、さらに美味しくサツマイモを調理してダイエットに臨みたい方は、下記の記事をご参照ください。

▼関連記事

【焼き芋の美味しい作り方】レンジ・オーブン・トースターそれぞれの方法


※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。



スポンサーリンク