スマホ最適化・高速表示低パケットサイト
SuperFitness for Power+Health,ExpertSite

当サイト運営・トップ競技者厳選ショップ
生産工場から直接輸入のためリーズナブル

国連UNHCRより感謝状(ご報告とお礼)

サイト内検索

【ディップスが肩に効くのはなぜ?】上半身の下ろし方と肘の角度が間違いだから



自重トレーニングのディップスは大胸筋下部と上腕三頭筋に効果の高い筋トレ種目ですが、時々「ディップスが肩に効いてしまう」という質問を受けます。

ディップスが肩に効くのはフォームが間違っているからであり、さらにフォームによっては肩の筋肉・三角筋ではなく、肩関節に効く(負担がかかる)場合すらあります。

これらを踏まえて、ディップスの正しいやり方と肩に効いてしまう場合の原因について解説します。


ディップスが効果のある筋肉部位

大胸筋下部と上腕三頭筋長頭



プレス系種目のほとんどは、上図の上半身の押す筋肉三つ(大胸筋・三角筋・上腕三頭筋)に効果がありますが、ディップスにかぎっては正しいフォームで行えば三角筋に負荷がかかることはありません。

ディップスは大胸筋のなかでは大胸筋下部に、上腕三頭筋のなかでは上腕を閉じた(脇を閉めた)状態で作用する上腕三頭筋長頭に効果があります。

ディップスの正しいフォーム

上半身をやや前傾させ脇を閉めて行う



こちらが、模範的な正しいフォームでディップスを行っているトレーニング動画です。

まず、大胸筋下部を鍛えるためには、その作用である「腕を斜め前下方」に押し出す軌道でディップスを行う必要があり、このためには、上半身をやや前傾させて斜め前方向に身体を下ろす必要があります。

これが、ディップスの一つ目のポイントです。

次に、上腕三頭筋長頭を鍛えるためには、その作用である「肘関節伸展および上腕内転」が満たされる軌道でディップスを行わなければなりません。

このためには、脇を閉め(上腕を内転させ)さらに肘を閉めて動作を行う必要があります。

これが、ディップスの二つ目のポイントです。

以上、二つのポイントをしっかり守った正しいフォームでディップスを行えば、「ディップスが肩に効く」ということにはなりません。

ディップスが肩に効く原因


①真下または斜め後ろに身体を下ろしている

ディップスが肩に効いてしまう場合の、良くないケースが「真下または斜め後ろに身体を下ろしている」というフォームです。

このように、上半身が後ろに傾いた状態でディップスを行うと、多くの方(肩関節が柔軟な方以外)は肩関節の可動範囲を越えてしまいます。

この状態でトレーニングを繰り返すと、肩の筋肉・三角筋ではなく肩関節周辺の靭帯に過剰負荷がかかってしまい、怪我や故障の原因になってしまいます。

後傾したディップスのフォームで「肩に効いている」のは筋肉に効いているのではなく、靭帯に効いてしまっているのです。

その場合の翌日の痛みは、筋肉痛ではなく、より深層の靭帯の痛みですので、すみやかにフォームを改善しましょう。

②脇が開いて肘が横に張り出している

ディップスが肩に効いてしまうもう一つのケースが、脇が開いて肘が横に張り出し、結果として上腕三頭筋短頭と三角筋を動作に使ってしまっているというものです。

ちょうどデクラインベンチプレスの軌道になっていると言えます。

このケースは、先のケースほどリスキーな間違いではありませんが、ディップスの最大の効果である大胸筋下部と上腕三頭筋長頭への負荷を逃がしていますので、やはりフォーム改善をおすすめします。

③肩甲骨を寄せていない

ディップスだけでなく、大胸筋のトレーニング全般に言えることですが、肩甲骨を引き寄せずに肩が前に出たフォームだと、負荷が大胸筋に直接加わらず、肩に逃げる(三角筋や肩関節に負荷がかかる)ことになります。軽度だと「三角筋に効いてしまう」状態ですが、重度だと「肩が痛くなる」原因になります。

肩甲骨を寄せるギア

プレス系種目で大切なフォームの一つに「肩甲骨を寄せた姿勢を保つ」ことがありますが、これは肩関節が前方へ突出することを防ぎ、①大胸筋へ負荷を集中させる、②肩への余計な負担を防ぐ、という2つの意味があります。

肩甲骨を寄せた姿勢をとることが苦手な方は、スパインサポーターなど専用のトレーニンググッズを使用するのも一つの方法です。

LARA★STARスパインサポーター|肩甲骨を寄せた姿勢をつくるグッズ

発想の筋トレ

目からうろこのコラム記事集

 

大好評の発想と工夫の筋トレシリーズを一覧にまとめました。

うまく効かせられない筋トレ種目がある時は、ぜひ、参考にしてください。

【効率的な筋トレ】まだそのやり方で消耗してるの?目からウロコのコラム記事集

筋トレを快適にする3大マストアイテム

①手首を保護するリストラップ

ジムトレーナーが本音で解説



プレス系トレーニングの効率を高め、手首を保護するために必須ともいえるマストアイテムがリストラップですが、本当にたくさんのメーカー・種類がありすね。そして、検索ででてくる「おすすめリストラップ」は正直、全くおすすめではありません。なぜなら、多くの記事は素人またはそれに近いライターさんが書いているもので、リストラップの本質について書かれてはいません。もちろん、そのチョイスについてもしかりです。

下記の記事は、国内主要メーカーのリストラップ(IPF公認含む)を「ウエイト下垂実験」もふくめて本気で試用・考察したものです。筆者のトレーナーとしての意見、パワーリフティング元日本王者の理論など、「本物のリストラップについて本音で解説」しています。

おすすめのリストラップをトレーナーが本音で解説

②グリップを助けるパワーグリップ

握力を補助してオールアウトする



プル系トレーニングによくあるのが「握力が先になくなってターゲットの筋肉を十分に追い込めない」というケースです。このような場合、パワーグリップやエイトストラップと呼ばれる握力補助グッズを使うことで、限界まで追い込めオールアウトが可能になります。

その特徴や具体的な使い方は下記の記事で、実際に使用しているものを解説しています。

リストストラップ&パワーグリップの種類と筋トレ目的別の使い方

③腰を守るトレーニングベルト

腹圧を上げて筋力を向上させる効果もある


筋トレのマストアイテムとも言えるのがトレーニングベルトですが、ナイロンベルト・革ベルト・ピン式パワーベルト・フック式パワーベルト・レバーアクション式パワーベルトと、さまざまな種類があります。

下記の記事は各種のトレーニングベルト(パワーベルト)の種類と特徴についてわかりやすく解説しています。


スポンサーリンク


※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。

※当サイトでは厚生労働省・Wikipediaなどの公共性・信頼性の高いサイトの情報を元に科学的な根拠(エビデンス)を担保しています。それらについてはこちらの一覧をご参照ください。

スポンサーリンク

当サイト運営・トップ競技者厳選ショップ
生産工場から直接輸入のためリーズナブル

北米に続き日本でもブレイク開始

マシン筋トレの疑問を解決する人気記事

自宅トレーニングに必要不可欠な器具は

執筆アスリート陣がリピートしている食材

スポンサーリンク
高品質トレーニングギア武器屋・鬼・GLFIT

当サイト提携ジムONI GYM 24 ONIGYM24大阪店ONIGYM24東京店

当サイト運営ジムで実際に使用している用品

記事制作©FutamiTC/MazurenkoJapan