【チューブ広背筋トレーニング】自宅でも簡単にできる斬新発想の筋トレ方法(ラットプルダウン)を紹介



トレーニングチューブを使った広背筋の鍛え方・チューブラットプルダウンをご紹介します。広背筋は、逆三角形に広がった男らしい背中を作る上では非常に重要な筋肉です。

しかし、自宅では専用の器具がないと鍛えにくい筋肉です。しかし、斬新な発想のチューブトレーニングをすれば、驚くほど広背筋に効かせることができます。



■チューブラットプルダウンが効果のある筋肉部位

●広背筋・僧帽筋・上腕二頭筋

pullmuscle_201705240531198f8.png

チューブラットプルダウンは、広背筋・僧帽筋・上腕二頭筋といった上半身の引く動作の筋肉群に効果があります。それぞれの筋肉の作用は以下の通りです。

○広背筋:腕を前や上から引く
○僧帽筋:腕を下から引く
○上腕二頭筋:肘関節を曲げる

●広背筋の英語名称・構造・部位詳細・起始停止

Latissimus_dorsi_muscle_back_20180406214305e8d.png
読みかた:こうはいきん
英語名称:latissimus dorsi muscle
部位詳細:上部下部
起始:下位第6胸椎~第5腰椎の棘突起・肩甲骨下角第9~12肋骨正中仙骨稜・腸骨稜後方
停止:上腕骨小結節稜

●僧帽筋の英語名称・構造・部位詳細・起始停止

Trapezius_lateral4_20180406214353195.png
読みかた:そうぼうきん
英語名称:trapezius muscle
部位詳細:上部中部下部
起始:後頭骨上項線・外後頭隆起・頚椎棘突起第7頚椎・第1~3胸椎棘突起第4~12胸椎棘突起
停止:肩甲棘・肩峰

●上腕二頭筋の英語名称・構造・部位詳細・起始停止

Biceps_brachii_muscle06-3.png
読みかた:じょうわんにとうきん
英語名称:biceps
部位詳細:長頭短頭
起始:肩甲骨関節上結節肩甲骨烏口突起先端
停止:橈骨粗面

■チューブラットプルダウン①



広背筋を非常に効率よく鍛えることのできるチューブトレーニングがこちらの動画のチューブラットプルダウンです。頭の上でトレーニングチューブを保持して両手を構え、首の後ろに引き下ろしながら両手を開く方向に力を入れていきます。

このときに、しっかりと肩甲骨を寄せることを意識してください。ジムなどで行うラットマシンでのプルダウンにひけをとらない効き方を体感できるはずです。

■チューブラットプルダウン②



こちらは、トレーニングチューブをドアに挟んで行うチューブラットプルダウンです。

広背筋は「腕を上から引く動作」で鍛えるのが最も効率的なので、非常に理にかなったトレーニング方法です。ポイントは体幹を斜めにむけ、真上からチューブを引くように角度を調整することです。

■チューブラットプルダウン③



こちらも②と同様にドアにトレーニングチューブを挟んで行うプルダウンですが、肘を伸ばしたまま行うので、プルオーバーに近い効き方をします。

広背筋を全体的に鍛えたい場合、この①~③全てのチューブラットプルダウンを行うとよいでしょう。

■チューブラットプルダウンのグリップによる効き方の差異

●広背筋・僧帽筋・上腕二頭筋むけグリップ

チューブラットプルダウンは、グリップの仕方によって効果のある筋肉部位が異なります。特に、今回ご紹介した②の方法に応用がしやすいのでご紹介します。

○広背筋:ノーマルグリップ=手の甲が自分に向くグリップ

○僧帽筋:パラレルグリップ=手の平が向き合うグリップ

○上腕二頭筋:リバースグリップ=手の平が自分に向くグリップ

■広背筋に効果的なチューブローイングのバリエーション

●シーテッドチューブローイング



こちらがシーテッドチューブローイングの模範的な動画です。フィニッシュポジションで肩甲骨を寄せきり、やや顎を上にむけると背筋群が完全収縮するのでさらに効果が高まります。

上半身を傾けすぎると負荷が背筋群からそれてしまいますので、上半身は90度程度に維持し、胸を張って肩甲骨を寄せながら腕を引いてください。

●広背筋中央部に効果的なチューブベントオーバーロー



広背筋のなかでも中央部に効果的なチューブトレーニングがチューブベンチオーバーローです。筋トレの基本スタイルであるニーベントスタイルで行います。

Barbell-rear-delt-row-form_20170419054523bb4.png

なお、ニーベントスタイルは①胸を張る②背中を反らせる③お尻を突く出す④上を見る⑤膝をつま先より前に出さない、というのがポイントで、多くの筋トレで必要な基本フォームですので、この機会に習得しておくとよいでしょう。

●広い可動域で広背筋側部に効果的なチューブワンハンドローイング



こちらがチューブワンハンドローイングの模範的な動画です。

本種目の最大のメリットをいかし、できるだけ大きな動きで広背筋を最大伸展・最大収縮させてください。

また、腕を引きながら肩甲骨を寄せていき、最後に肩甲骨を寄せきって広背筋を完全収縮させることがポイントです。

■おすすめのトレーニングチューブ

●単品よりセット入手が断然お得



トレーニングチューブは単品で買い揃えるとかなり割高になりますので、写真(筆者の運営するジムの備品)のような強度の違う複数本がセットになったものがリーズナブルでおすすめです。

▼当ジムで実際に使用しているトレーニングチューブ

おすすめのトレーニングチューブ|当ジムで実際に使用しているタイプをご紹介


※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。



スポンサーリンク