IPF・IFA公認品マズレンコ製作所公式ブログ 

【腕相撲の吊り手】アームレスリングのトップロールのやり方と軌道

腕相撲の吊り手、つまりアームレスリングのトップロールと呼ばれる技(テクニック)のやり方と軌道について解説します。

なお、アームレスリングの技は個人特性が大きく、やり方や軌道も選手によって異なりますが、本記事で解説するのはあくまでも一般的な方法論です。


※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。

※当サイトでは厚生労働省・Wikipediaなどの公共性・信頼性の高いサイトの情報を元に科学的な根拠(エビデンス)を担保しています。それらについてはこちらの一覧をご参照ください。
スポンサーリンク

トップロールの模範動画

トップロール(吊り手)は、肘を支点としてテコの原理で相手の指先を斜め上後方に吊り上げ、さらに回内回旋(手の甲が上を向く方向に捻る)を加えて、相手の指先から肘を伸ばして倒す技です。ちょうど、くぎ抜きのイメージです。

トップロールの初動と軌道

アームレスリングの技の初動をあらわしたのが上図です。相手の指を吊り上げる方向は、実は真後ろではありません。

こちらが、トップロールの軌道を上から見た図になります。

トップロールの初動、すなわち①吊り上げる動作は真後ろではなく、前腕骨と平行方向、この場合は右斜め後ろになります。これが、もっとも相手にとって指先が遠くに伸ばされる方向だからです。

そして、②自分に有利なように引きますが、これも真後ろではなく斜め後方に引き下げます。これで、相手は手の平が完全に上を向き、力を入れることができなくなります。

最後に、③ピンラインに向けてやや後ろよりの横・下方向に倒します。

ちょうど、平仮名の「つ」の字の軌道を描きます。

横からトップロールの軌道を見たのが、こちらの図です。

①斜め上に吊り上げ

②斜め後ろに引き下げ

③斜め横に引き倒す

という手順で、三次元軌道で相手を倒します。

スポンサーリンク

トップロールの三次元軌道を再現する鍛え方

トップロールの三次元軌道を再現しながら腕を鍛えるのに最適なのが、こちらのようなケーブルマシン+専用アタッチメントを使用したトレーニングです。

①一般的なトレーニングマシンは軌道が固定されているのに対し、ケーブルマシンは軌道がフレキシブルであること。

②フリーウエイトでは再現できない「上や前から引く動作」が可能であること。

この二点がケーブルマシンがアームレスリングのトレーニングに必須である理由です。

なお、使用されているアタッチメントは、IFA国際アームレスリング連盟会長で、元世界チャンピオンのイゴール・マジョレンコ氏がトップロール専用に考案した「トップロールハンドル」です。

トップロールハンドル

トップロールハンドル | アームレスリング器具・パワーリフティング用品・マズレンコ製作所日本正規輸入代理店
トップロールハンドルはアームレスリング元世界チャンピオンのイゴール・マズレンコ氏(現世界連盟会長)が考案開発したリスト力を鍛えるための前腕トレーニング器具(ケーブルアタッチメント)で、親指側のリスト力を集中的に鍛えられます。 アームレスリングプロリーグPALの公式Facebookページでも有効性が言及されています。腕相...

また、自宅でアームレスリングトレーニングを行う場合、ケーブルマシンのかわりにトレーニングチューブを使用することで実戦的な軌道が再現可能です。

MYDAYSトレーニングチューブセット | アームレスリング器具・パワーリフティング用品・マズレンコ製作所日本正規輸入代理店
当代理店が海外スポーツ・アウトドア用品メーカーのMYDAYSより独自輸入しているトレーニングチューブセットです。事前にサンプルを輸入し、当代理店運営ジムで試用、その品質は確認済みです。ダンベルのかわりとして各種のトレーニング種目が実施できるほか、「上から引く」「前から引く」といったフリーウエイトでは再現できない負荷方向...

アームレスリングの技の軌道

アームレスリングの二大テクニックであるトップロールとフックは、それぞれ直線軌道で動作するのではなく、複雑な三次元軌道を描くように動作します。

フックに関しては、下記の記事をご参照ください。

【腕相撲の噛み手】アームレスリングのフックのやり方と軌道
腕相撲の噛み手、つまりアームレスリングのフックと呼ばれる技(テクニック)のやり方と軌道について解説します。 なお、アームレスリングの技は個人特性が大きく、やり方や軌道も選手によって異なりますが、本記事で解説するのはあくまでも一般的な方...
スポンサーリンク
当サイト運営・トップ競技者厳選ショップ
生産工場から直接輸入のためリーズナブル

人気OEMパワーベルトがフルラインナップ

愛用ベルトが最新式になるバックル

試合や高重量トレーニングに最適化

北米に続き日本でもブレイク開始

マシン筋トレの疑問を解決する人気記事

自宅トレーニングに必要不可欠な器具は

執筆アスリート陣がリピートしている食材

競技者が本音で解説シリーズ
高品質トレーニングギア武器屋・鬼・GLFIT

当サイト提携ジムONI GYM 24
ONIGYM24大阪店ONIGYM24東京店

当サイト運営ジムで実際に使用している用品

記事制作©FutamiTC/MazurenkoJapan

アームレスリング
マズレンコ製作所公式ブログ|筋トレ専門サイトGLINT