Search

筋トレ向きロコモコ丼の作り方|牛肉・豚肉・鶏肉・枝豆・モヤシ・卵のミックスパワー


ロコモコ丼はハンバーグのタンパク質とご飯のカロリーが十分に摂取できる、バルクアップトレーニング向きの食事メニューです。

今回は、料理が苦手な方でも簡単・時短で作れるロコモコ丼の作り方をご紹介します。


■筋トレ向きロコモコ丼の材料



こちらが、今回の簡単・時短ロコモコ丼の材料で、牛豚合挽き肉・鶏むねミンチ・冷凍枝豆・モヤシ・ハンバーグの素です。

複数のタンパク質食品をミックスすることで、アミノ酸スコアとしても優秀な食事メニューを目指しています。

■筋トレ向きロコモコ丼の作り方



まずは、ボールに三種類のミンチ肉(牛豚鶏)とハンバーグの素を入れて混ぜていきます。



空気を含むようにふんわりと混ぜるのが、柔らかく焼き上げるコツです。



こね終わったら、フライパンに移して「弱火」で焼いていきます。表面を焦がさず、中までしっかり火を通すためには「弱火で焼く」ことが大切です。



片面が焼けたらひっくり返します。



その後、蓋をして蒸し焼きにし、中までしっかりと火を通していきます。



何度かひっくり返し、焼き上がりました。箸などで穴を開け、透明な肉汁が出てきたら中まで火が通った目安です。



続いて、ご飯の上に敷くモヤシを炒めます。味付けはシンプルに塩コショウ、シャキシャキ感が残るよう炒めすぎには注意します。



トッピング用の目玉焼きも作っていきます。



準備ができたら、丼にご飯を入れますが、カロリーオーバーにならないよう、少なめにするのがポイントです。



ご飯の上にモヤシを敷きます。



その上にハンバーグを乗せます。


最後に、目玉焼きと枝豆をトッピングして完成です。簡単に作れて、バルクアップに最適ですので、ぜひチャレンジしてみてください。



スポンサーリンク


※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。

※当サイトでは厚生労働省・Wikipediaなどの公共性・信頼性の高いサイトの情報を元に科学的な根拠(エビデンス)を担保しています。それらについてはこちらの一覧をご参照ください。

トップ競技者が開発・選定する高品質ギア







スポンサーリンク


アームレスリング器具とパワーリフティングギア専門店

ヨーロッパ発世界ブランド