スマホ最適化・高速表示低パケットサイト
SuperFitness for Power+Health,ExpertSite

当サイト運営・トップ競技者厳選ショップ
生産工場から直接輸入のためリーズナブル

11月25日〜11月27日

サイト内検索

【筋トレダイエットには豚しゃぶがおすすめ】季節野菜と組み合わせた簡単料理レシピをご紹介

 20170903051132486.jpg

豚しゃぶはタンパク質とビタミンBが豊富で、筋トレだけでなく減量・ダイエット時の食事としてもおすすめのメニューです。その理由は適切な脂質を含んでいるため、炭水化物をカットしている時期には腹持ちがよいことです。その作り方レシピをご紹介します。


豚もも肉のカロリー・栄養素

高タンパク質でビタミンB類が豊富

20170903051153509.jpg

こちらが、今回ご紹介する「夏野菜の豚しゃぶ」の材料です。そのタンパク質源である豚もも赤肉のカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:128kcal
タンパク質:22.1g (88.4kcal)
脂質:3.6g (32.4kcal)
炭水化物:0.2g (0.8kcal)

豚もも赤肉は、高タンパク質で程度な脂質を含んでおり、筋トレ増量期にはご飯とともに、減量・ダイエット期には単品で摂取すると理想的な食事になります。

豚しゃぶが筋トレによい理由

余分な脂質を落とせる

まず第一の理由として、お湯をくぐらせることにより、豚肉の脂身に含まれる脂質を大きく落とすことができます。

特に、ダイエット筋トレ時の食事としては非常に大切なことですね。

ビタミンB群が豊富

豚肉は鶏肉や牛肉に比べると、ビタミンB群の含有量が多いことが特徴です。

ビタミンB群はタンパク質・糖質・脂質いずれの代謝にも重要な物質で、豚肉に含まれるビタミンB群をしっかり摂取することで、新陳代謝が活発になり基礎代謝カロリーも向上します。

野菜をたくさん摂取できる

豚しゃぶは、基本的に野菜サラダと一緒にいただきますが、食物繊維の豊富な野菜をたくさん食べることで、物理的な満腹感が得られるだけでなく、ダイエットに起こりがちな便秘対策にもなります。

豚しゃぶの作り方

サラダに乗せてトッピングするだけ

20170903052403436.jpg

まずは、サラダを準備します。今回はカット済みのサラダセットを使用しました。

20170903051223518.jpg

豚肉をしゃぶしゃぶする時は、しっかりと赤味がなくなるまで茹でるようにしてください。

20170903051243546.jpg

夏野菜(パプリカ・シシトウ)を軽く茹でます。

20170903051132486.jpg

後は盛り付けて完成です。

筋トレ増量期にはビタミン・ミネラルの多いゴマダレ、ダイエット・減量期には低カロリーのポン酢でいただくのがおすすめです。

しゃぶしゃぶのアレンジレシピ

漬け込み豚しゃぶキムチの作り方



まずは、沸騰したお湯で豚もも肉をしゃぶしゃぶにしていきます。



豚もも肉をしゃぶしゃぶにしたら、刻んだニラもお湯に通します。



しゃぶしゃぶにした豚もも肉と茹でたニラをボールに移します。



キムチを加えます。



豚しゃぶしゃぶとキムチがしっかりとなじむように、よくかき混ぜます。



ラップをして、冷蔵庫で半日ほど寝かせて出来上がりです。



冷たくて、ピリッと辛くて食欲をそそるので、暑い時期の食欲増進にも効果的です。

牛肉のしゃぶしゃぶレシピ

和牛しゃぶしゃぶサラダの作り方



こちらが、今回ご紹介する和牛しゃぶしゃぶサラダの主な材料です。

和牛赤身肉、木綿豆腐、サラダ菜、パプリカのほかニンジンも使いました。また、味付けは和牛の素材の旨味を引き出せるように、昆布と薄口醤油です。



まずは、昆布と薄口醤油を入れた鍋で豆腐を茹でます。



茹ですぎないことがポイントで、一煮たちしたら火を止めて豆腐を器に移します。



荒熱がとれたら、昆布とダシ汁にひたして冷蔵庫で冷やします。食品に味が染み込むのは、加熱中ではなく冷めるときなので、味を染み込ませるためにはしっかり冷やすことが大切です。



固い野菜は一口サイズにカットをします。



そして、先ほどのダシ汁の残りで茹でていきます。



茹で終わったら、こちらも冷蔵庫で冷やしておきます。



次は、タレ作りです。一度鍋を空にし、新しく昆布と薄口醤油を一煮たちさせて作ります。



きれいな琥珀色のタレが出来上がりました。



和牛を調理する前に、サラダを準備します。カットしたサラダ菜、冷やしておいた木綿豆腐と野菜を盛りつけます。



全ての準備が整ったら、いよいよ和牛をしゃぶしゃぶしていきます。



ほんのりと赤みが残る程度に加熱するのが、肉を固くしない目安です。



和牛の調理が終わりました。



あとは、サラダに和牛を盛り付けて完成です。素材の旨味がそのまま楽しめ、夏にふさわしいさっぱり料理として大変美味しくいただけました。

是非、チャレンジしてみてください。

マグロのしゃぶしゃぶもおすすめ



マグロは抜群に高タンパク質低カロリーで、ダイエット筋トレに最適な食材の代表格です。刺身ではなくしゃぶしゃぶにすることで、減量時に弱りがちな胃腸にも優しい食事になります。

マグロしゃぶしゃぶサラダの作り方



マグロのしゃぶしゃぶを作るときのポイントは、表面だけをサッと加熱することです。加熱しすぎると煮魚になってしまうので注意してください。



しゃぶしゃぶにしたマグロは、しっかりと水気を切り、一度冷蔵庫で冷やします。





おすすめのしゃぶしゃぶドレッシングは、ポン酢にワサビとゴマを入れて混ぜたものです。

さっぱりとした風味のなかに、ツンとくる刺激がありノンオイルの味気なさを感じません。



とにかく簡単でダイエットむきなので、是非お試しください。

バルクアップ筋トレとダイエット筋トレの食事の特徴



バルクアップ筋トレの場合には、体重1kgあたり2gの純タンパク質(肉類換算で10g)と、その2~3倍の筋肉合成カロリー(糖質と脂質)が必要です。

健康的なダイエット筋トレの場合には、体重1kgあたり1gの純タンパク質(肉類換算で5g)が最低限必要で、糖質と脂質の摂取量を調整してカロリーカットを行います。

筋トレと食事の基礎知識



下記の記事はバルクアップ・ダイエットそれぞれの筋トレ目的別に、具体的な食事メニュー・レシピを解説したものです。是非、ご活用ください。

▼関連記事

【筋トレの食事メニューレシピ例紹介】バルクアップ・ダイエットそれぞれに最適なカロリー・栄養素比率

食事に関する関連記事(人気記事)



人気のダイエット食品



なお、下記の記事はダイエット食品について、詳しく解説したものです。是非、ご自身に合ったダイエット食品を見つけてください

▼関連記事

【人気ダイエット食材・食品40特選】効果の理由と具体的でおすすめなやり方を解説

スポンサーリンク


※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。

※当サイトでは厚生労働省・Wikipediaなどの公共性・信頼性の高いサイトの情報を元に科学的な根拠(エビデンス)を担保しています。それらについてはこちらの一覧をご参照ください。

スポンサーリンク

当サイト運営・トップ競技者厳選ショップ
生産工場から直接輸入のためリーズナブル

北米に続き日本でもブレイク開始

マシン筋トレの疑問を解決する人気記事

自宅トレーニングに必要不可欠な器具は

執筆アスリート陣がリピートしている食材

スポンサーリンク
高品質トレーニングギア武器屋・鬼・GLFIT

当サイト提携ジムONI GYM 24 ONIGYM24大阪店ONIGYM24東京店

当サイト運営ジムで実際に使用している用品

記事制作©FutamiTC/MazurenkoJapan