【おすすめ訳あり神戸牛切り落とし】ヘルシーな格安赤身肉のご紹介



お正月用に神戸牛(赤身肉・格安訳あり品)を購入し、非常に満足しましたので、ヘルシーな食べ方とともにご紹介します。

20180317111455758.jpg

あわせて、実際に購入した三種類の訳あり神戸牛赤身肉、「すきやき肉」「端切れステーキ」「カレー肉」の三種類をご紹介します。



■おすすめの訳あり格安神戸牛

●すき焼き肉なみの赤身切り落とし



こちらが、今回購入した訳あり格安神戸牛の切り落としです。

切り落としと言っても、一枚がしっかりと広くてすき焼き用にも最適です。神戸牛としては人気の落ちる赤身肉ということで、神戸牛としてはあり得ない価格で提供されていますが、筋トレ愛好家にとっては、ベストな脂質の量です。

肉質自体も柔らかく、神戸牛の「格の違い」を堪能できます。

20180317112333403.jpg

なお、訳あり品とは言え、さすがに神戸牛ですので、一つ一つしっかりと血統証明書が添付されています。

■おすすめの食べ方

●野菜蒸しで素材の風味を満喫



こちらが、今回の材料の神戸赤身牛の切り落としと野菜類です。

ほどよい「さし」が入っており、霜降り肉よりはかなりローカロリーで旨みも十分です。



まずは、フライパンにカットした野菜類をたっぷりと入れます。



続いて、野菜類に蓋をするように神戸牛を広げて置きます。

あとは、フライパンに蓋をして蒸し焼きにするだけです。



出来上がりました。すでに香りが格違いです。



味付けは、素材の風味を生かしてポン酢またはわさび醤油がおすすめです。



とにかく美味しいので、お祝い事や特別な日の食事として、是非お試しください。

●すき焼き

20180317111548438.jpg

実際にすき焼きにしていただきましたが、霜降り肉とは違い脂っぽさがないので、普段から高タンパク質低カロリーな肉類を食べている筋トレ愛好者にとっては、ちょうどよい脂加減かと感じました。

そして、神戸牛の風味はそのままで、赤身といっても柔らかく、さらに独特の甘みまで感じられました。価格的にも「スーパーの高級肉」よりずいぶんリーズナブルですので、とにかくイチオシはこちらのすき焼肉です。

■神戸牛訳あり端切れステーキ(タレ漬け)

●神戸牛のステーキが格安で楽しめる

20180317111601849.jpg

神戸牛 タレ漬けステーキの切れ端 500g

続いて、神戸牛のステーキ肉の形を整える際に出る、端切れ肉を集めたタレ漬け肉です(写真:右)。

20180317111646223.jpg

端っことはいえ、やはりそこは神戸牛、別世界の美味しさでした。タレも神戸牛の風味を損なわないように、香辛料が入っていない味つけですので、素材の旨みを楽しむことができます。

訳ありでない、通常の神戸牛ステーキの1/5程度のグラムあたりの価格設定となっており、こちらも相当におすすめです。

■訳あり神戸牛赤身カレー肉

●そのまま焼いてステーキでもOK

20180317111601849.jpg

神戸牛 カレー用 300g

最後にご紹介するのが、神戸牛の赤身カレー肉(写真:左)ですが、煮込むのももったいない気がして、そのまま焼いてステーキで食べるチャレンジをしました。

20180317111619579.jpg

少々スジがありますが、顎が強ければ問題ありません。むしろ、スジまわりは旨みが濃縮されていますので、普通の肉よりも断然美味しかったです。ただし、女性や顎の弱い方は食べづらいかもしれません。

今回ご紹介した「訳あり神戸牛赤身肉シリーズ」はまだまだたくさんのラインナップがあります。詳細は下記の楽天ショップでご確認ください。

▼おすすめの神戸牛ショップ





スポンサーリンク

※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。

※当サイトでは厚生労働省・Wikipediaなどの公共性・信頼性の高いサイトの情報を元に科学的な根拠(エビデンス)を担保しています。それらについてはこちらの一覧をご参照ください。



アームレスリング器具とパワーリフティングギア専門店