前腕を鍛える最新器具「ウルトラグリップ2020」の特徴と使い方





一般社団法人JAWA日本アームレスリング連盟は、IFA(国際アームレスリング連盟)会長マジョレンコ氏の発案・設計による前腕トレーニング器具「ウルトラグリップ」を正規輸入し販売開始しました。

マジョレンコイクイップメント(Mazurenko Equipment)とは?

写真の説明はありません。

マジョレンコイクイップメント(Mazurenko Equipment)とは、国際アームレスリング連盟=International Federation of Armwrestling (IFA)会長で、元世界チャンピオンでもあるマジョレンコ氏が、自身の経験を元に開発したトレーニング用品を開発・販売している製作所です。

そのなかでも、トップクラスの人気を誇っているのが「HANDLE ECCENTRIC "ULTRA GRIP" 2020」(ウルトラグリップ2020)です。

ウルトラグリップ2020の特徴

ウルトラグリップ2020は2つのパーツから構成されています。一つは本体部分である「ハンドル」、そしてもう一つがグリップ部分である「ローラー」です。



こちらが、ハンドルです。



こちらがローラーです。



そして、このようにハンドルにローラーをセットし、ケーブルマシンに取り付けて使用します。



ウルトラグリップ2020の最大の特徴は、従来のハンドローラーのように「支点が中心にない」ことです。

従来のハンドローラーだと支点が中心にあるため、「手の中でローラーが転がる」状態であり、指の付け根付近にしか負荷がかかりません。



しかしながら、ウルトラグリップ2020の場合は、支点が中心にないため、力点が指先になり、リスト力に重要な指先から巻き込む力を効率的に鍛えることが可能になっています。

ウルトラグリップは「前腕のスポーツ」とも呼ばれるアームレスリング競技のなかで開発されたトレーニング器具ですが、前腕の力が重要とされるあらゆるスポーツ競技のトレーニング器具としても有効です。

ウルトラグリップ2020の使い方



こちらが、HANDLE ECCENTRIC "ULTRA GRIP" を実際に使ったトレーニング動画で、本グリップを専用のハンドグリップシャフトに差し込み、ケーブルマシンに取り付けて使用します。

従来のハンドローラー類と違い、力点が指先にかかるため、リスト力に重要な指先の力が効率的に鍛えられます。

なお、動画は台に肘をついて行っていますが、台などがなくても、肘を身体にしっかりと引きつけ固定して行うことで、十分な効果が得られます。

ウルトラグリップ2020のサイズ



サイズには円柱部分の直径が50mm・60mm・70mmがあります。手の小さめの方(50mm推奨)、手の大きめの方(60mm推奨)、とても手の大きい方(70mm推奨)となっています。

ウルトラグリップ2020の入手方法

ウルトラグリップ2020は一般社団法人JAWA日本アームレスリング連盟で取り扱っています。詳しくはJAWA公認用品ページでご確認ください。

JAWA公式競技用品・公認グッズはこちら

日本正規代理店



一般社団法人JAWA日本アームレスリング連盟は、マジョレンコイクイップメント(Mazurenko Equipment)の日本正規代理店として認定され、国内用のオリジナルロゴの使用が許可されました。



スポンサーリンク

※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。

※当サイトでは厚生労働省・Wikipediaなどの公共性・信頼性の高いサイトの情報を元に科学的な根拠(エビデンス)を担保しています。それらについてはこちらの一覧をご参照ください。