【筋肥大筋トレ向きステーキじゃがいも】バルクアップに効果的な筋肉飯



バルクアップ筋トレ後の食事メニューとして最適な、ステーキじゃがいもの作り方をご紹介します。筋肥大に最適なレシピです。



■じゃがいもが筋トレに良い理由

●レジスタントスターチ(難消化性でんぷん)が多い



じゃがいもに含まれるデンプンには、レジスタントスターチ(難消化性でんぷん・耐性でんぷん)と呼ばれる小腸で吸収されない(されにくい)タイプのでんぷんの比率が多く、白米のご飯などに比べると同量でのカロリーが低いという特徴があります。

これが、じゃがいもが筋トレに向いている食品と言われる理由です。

*一般的なでんぷんは1gあたり4kcalですが、難消化性でんぷんは事実上2kcal程度とされています。

■ステーキじゃがいもの材料



こちらが、今回の材料の牛赤身ステーキ肉・じゃがいも・アスパラです。

■ステーキじゃがいもの作り方



まずは、じゃがいもを電子レンジで予熱しておきます。



次に、フライパンに塩コショウをしてから空煎りし、胡椒の風味を高めます。



胡椒の空煎りができたら、一口大にカットした牛赤身ステーキ肉を焼いていきます。



ある程度、ステーキが焼けたら先ほどのじゃがいもを追加し、蓋をして軽く蒸し焼きにします。



じゃがいもにしっかりと火が通ったら、アスパラを加えて再び炒めて出来上がりです。

簡単にできて、バルクアップ筋トレに最適ですので、是非お試しください。

■じゃがいも料理のまとめ記事



【筋トレにはじゃがいもがベスト】レジスタンススターチがタンパク質とコラボする


※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。



スポンサーリンク