【筋トレむき鶏肉じゃがいも】もも肉&むね肉を使った和風筋肉飯レシピ



じゃがいもは筋トレ向きの炭水化物食品ですが、その理由と具体的な調理例として「鶏じゃが」=鶏肉じゃがいもの作り方をご紹介します。



■じゃがいもが筋トレに良い理由

●レジスタントスターチ(難消化性でんぷん)が多い



じゃがいもに含まれるデンプンには、レジスタントスターチ(難消化性でんぷん・耐性でんぷん)と呼ばれる小腸で吸収されない(されにくい)タイプのでんぷんの比率が多く、白米のご飯などに比べると同量でのカロリーが低いという特徴があります。

これが、じゃがいもが筋トレに向いている食品と言われる理由です。

*一般的なでんぷんは1gあたり4kcalですが、難消化性でんぷんは事実上2kcal程度とされています。

■鶏肉じゃがいも(鶏じゃが)の材料





こちらが、鶏肉じゃがいもの材料の、鶏もも肉・鶏むね肉ミンチ・じゃがいも・ニンジン・白ネギ・ささがきごぼう・こんにゃくです。

■鶏肉じゃがいも(鶏じゃが)の作り方



まずは、鶏むね肉ミンチにフードプロセッサーで細かくしたささがきごぼうを加え、肉団子を作ります。



このように、こね上がりました。



じゃがいもとニンジンは適度な大きさにカットし、余熱用の器に入れます。



ラップをして、電子レンジで80度に余熱を行います。



じゃがいもの全体に透明感が出てくるのが、ちょうどよい余熱の具合です。



鍋に水・醤油・みりん・砂糖・だしの素とカットした白ネギを入れて加熱していきます。



スープが沸騰してきたら、先ほどの鶏むね肉のゴボウ肉団子を丸めて入れます。



並行して、一口大にカットした鶏もも肉(皮は取り除く)をテフロン加工のフライパンで油を使わずに焼いていきます。



このように、美味しそうに焼き上がりました。



鶏もも肉も鍋に入れて加熱していきます。



続いて、鶏もも肉の脂質が残るフライパンに、余熱しまじゃがいもとニンジンを入れ、表面をさっと炒めて煮崩れを起こしにくくします。



後は、先ほどの鍋にじゃがいも・ニンジン・こんにゃくを加え、20分ほど煮込んで出来上がりです。



是非、お試しください。


■じゃがいも料理のまとめ記事



【筋トレにはじゃがいもがベスト】レジスタンススターチがタンパク質とコラボする


※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。



スポンサーリンク