スマホ最適化・高速表示低パケットサイト
SuperFitness for Power+Health,ExpertSite
当サイト運営・トップ競技者厳選ショップ
生産工場から直接輸入のためリーズナブル

国連UNHCRより感謝状(ご報告とお礼)

【筋肥大向きベーコンじゃがいも】バルクアップ筋トレ後に最適なポテト料理

バルクアップ筋トレ後の食事として最適なベーコンじゃがいもの作り方をご紹介します


※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。

※当サイトでは厚生労働省・Wikipediaなどの公共性・信頼性の高いサイトの情報を元に科学的な根拠(エビデンス)を担保しています。それらについてはこちらの一覧をご参照ください。
スポンサーリンク

じゃがいもが筋トレに良い理由

レジスタントスターチ(難消化性でんぷん)が多い

じゃがいもに含まれるデンプンには、レジスタントスターチ(難消化性でんぷん・耐性でんぷん)と呼ばれる小腸で吸収されない(されにくい)タイプのでんぷんの比率が多く、白米のご飯などに比べると同量でのカロリーが低いという特徴があります。

これが、じゃがいもが筋トレに向いている食品と言われる理由です。

*一般的なでんぷんは1gあたり4kcalですが、難消化性でんぷんは事実上2kcal程度とされています。

ベーコンじゃがいもの材料

こちらが、今回の材料の切り落としベーコン・ブロッコリー・じゃがいもです。

スポンサーリンク

ベーコンじゃがいもの作り方

まずは、じゃがいもをレンジで余熱します。

次に、テフロン加工のフライパンに塩コショウをして空煎りし、胡椒の風味を高めます。

胡椒を煎ったら、切り落としベーコンを加えて炒めていきます。

ある程度ベーコンに火が通ったら、先ほどの予熱したじゃがいもを加えて蓋をし、しばらく蒸し焼きにします。

蒸しあがりました。

風味を高めるために、クッキングバーナーで軽く炙ります。

最後にブロッコリーを加えて、再び蒸し焼きにし、胡椒やベーコンの風味を全体にまわしていきます。

仕上げに、軽く混ぜながら炒めて出来上がりです。

ぜひ、お試しください。

じゃがいも料理のまとめ記事

【筋トレにはじゃがいもがベスト】レジスタンススターチがタンパク質とコラボする

スポンサーリンク
当サイト運営・トップ競技者厳選ショップ
生産工場から直接輸入のためリーズナブル

人気OEMパワーベルトがフルラインナップ

愛用ベルトが最新式になるバックル

試合や高重量トレーニングに最適化

北米に続き日本でもブレイク開始

マシン筋トレの疑問を解決する人気記事

自宅トレーニングに必要不可欠な器具は

執筆アスリート陣がリピートしている食材

競技者が本音で解説シリーズ
高品質トレーニングギア武器屋・鬼・GLFIT

当サイト提携ジムONI GYM 24
ONIGYM24大阪店ONIGYM24東京店

当サイト運営ジムで実際に使用している用品

記事制作©FutamiTC/MazurenkoJapan

食品情報
筋トレ専門サイトGLINT