Search

【筋トレに最適な牛内もも肉ステーキ】枝豆ワサビ醤油で和風仕上げるレシピ



牛肉のなかでも特に柔らかく高タンパク質低カロリーで、筋トレやダイエットに最適なのがヒレ肉と内モモ肉ですが、内もも肉の和風ステーキを作りましたのでご紹介します。


●牛内もも肉のカロリー・栄養素

・ダントツに高タンパク質低カロリー



こちらが、今回の材料の牛内もも肉・豆腐・枝豆ですが、赤身牛肉(内モモ肉)100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:182kcal
タンパク質:21.2g (84.8kcal)
脂質:9.6g (86.4kcal)
炭水化物:0.5g (2kcal)

牛肉のなかでもトップクラスに高タンパク質低カロリーで、筋トレやダイエットに最適であることがわかります。

●牛内もも肉ステーキの作り方

・肉をフォークで突いておくのがポイント



まずは、牛内もも肉の下ごしらえですが、フォークで突いて繊維を切断しておくのが、柔らかく焼き上げるコツです。



ステーキを焼くときは、肉に塩コショウをするのではなく、フライパンで塩コショウを空炒りし、その上で肉を焼くと風味が高まりますのでおすすめです。



このような感じで焼いていきます。



肉がやや焼けてきたら、サイドの豆腐を追加して肉汁を吸わせながら焼いていきます。



牛内もも肉が焼けたら皿に盛り付け、冷めないうちに素早く和風ソースを作ります。



作り方は簡単で、肉を焼いたフライパンに醤油・わさび・枝豆を加えてさっと加熱するだけです。



是非お試しください。



スポンサーリンク



※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。

※当サイトでは厚生労働省・Wikipediaなどの公共性・信頼性の高いサイトの情報を元に科学的な根拠(エビデンス)を担保しています。それらについてはこちらの一覧をご参照ください。

トップ競技者が開発・選定する高品質ギア


話題の最新進化型グリップ販売開始

話題の最新進化型グリップ販売開始





スポンサーリンク


アームレスリング器具とパワーリフティングギア専門店

話題の新ブランド

当サイトでは、北米に大きなシェアを持ち、リーズナブルな価格ながら高品質で知られる「LARA★STAR」製品を取り扱っています。
LARA★STAR製品一覧はこちら

ヨーロッパ発世界ブランド