スマホ最適化・高速表示低パケットサイト
SuperFitness for Power+Health,ExpertSite

当サイト運営・トップ競技者厳選ショップ
生産工場から直接輸入のためリーズナブル

サイト内検索

【牛乳と牛肉で作るホワイトビーフストロガノフ】バルクアップ筋トレ後に最適なぶっかけ筋肉飯



バルクアップ筋トレ後の食事メニューとしておすすめの、牛肉+牛乳のダブルパワーがぎっしり詰まったホワイトビーフストロガノフの作り方をご紹介します。


牛乳のカロリー・栄養素



牛乳コップ一杯200cc(206g)あたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:138kcal

タンパク質:6.8g (27.2kcal)

脂質:7.83g (70.47kcal)

炭水化物:9.89g (39.56kcal)

飲料としてはずば抜けて高タンパク質で、なおかつ十分な筋肉合成カロリーが含まれており、バルクアップ筋トレの筋肥大に対して高い効果があることがわかります。

同量の牛乳に含まれるビタミン類は以下の通りです。

ビタミンA:78.28μg

ビタミンD:0.62μg

ビタミンE:0.21mg

ビタミンK:4.12μg

ビタミンB1:0.08mg

ビタミンB2:0.31mg

ナイアシン:0.21mg

ビタミンB6:0.06mg

ビタミンB12:0.62μg

葉酸:10.3μg

パントテン酸:1.13mg

ビオチン:3.71μg

ビタミンC:2.06mg

特に、糖質やタンパク質の代謝に関与し、筋肉合成プロセスで重要な働きをするビタミンB群が多く、ビタミン的にも筋肥大に有効であることがわかります。

同量の牛乳に含まれるミネラル分は以下の通りです。

ナトリウム:84.46mg
カリウム:309mg
カルシウム:226.6mg
マグネシウム:20.6mg
リン:191.58mg
亜鉛:0.82mg
銅:0.02mg
ヨウ素:32.96μg
セレン:6.18μg
モリブデン:8.24μg

骨の材料となるカルシウムのほか、ホルモン分泌に関与する亜鉛、窒素代謝(筋肉の新陳代謝)に関わるモリブデンが特に多く含まれ、やはり身体作り・筋肉作りに優れた食品であることがわかります。

筋トレ向きホワイトビーフストガノフの材料



こちらが、今回の材料の赤身牛肉切り落とし・牛乳・しめじ・玉ねぎ・アスパラです。

筋トレ向きホワイトビーフストガノフの作り方



まずは、赤身牛肉の切り落としをテフロン加工のフライパンで油を使わずに炒めていきます。



牛肉があらかた焼けたら、あらかじめ電子レンジで余熱した玉ねぎを加えて、さらに炒めていきます。



玉ねぎが半透明になったら火が通った目安ですので、しめじとアスパラを加えてさらに炒めていきます。



味付けは塩コショウだけとシンプルです。



牛肉と野菜類に火が通ったら、牛乳を注いで煮詰めていきます。



加えた牛乳が半分ほどに煮詰まったら、小麦粉を少量加えてとろみをつけていきます。



しばらく煮詰め、とろみがでてきたら出来上がりです。



後はご飯にかけていただくだけです。

とても美味しく、牛乳+牛肉のダブルパワーで筋肥大効果も抜群ですので、是非お試しください。

スポンサーリンク


※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。

※当サイトでは厚生労働省・Wikipediaなどの公共性・信頼性の高いサイトの情報を元に科学的な根拠(エビデンス)を担保しています。それらについてはこちらの一覧をご参照ください。

スポンサーリンク

当サイト運営・トップ競技者厳選ショップ
生産工場から直接輸入のためリーズナブル

北米に続き日本でもブレイク開始

マシン筋トレの疑問を解決する人気記事

自宅トレーニングに必要不可欠な器具は

執筆アスリート陣がリピートしている食材

スポンサーリンク
高品質トレーニングギア武器屋・鬼・GLFIT

当サイト提携ジムONI GYM 24 ONIGYM24大阪店ONIGYM24東京店

当サイト運営ジムで実際に使用している用品

記事制作©FutamiTC/MazurenkoJapan