【筋トレ後に最適な牛乳漬けステーキ】外産牛肉の臭みと固さをなくす調理方法



格安ステーキの臭みをとるために、牛肉を牛乳に漬けるとよいというのは知られた話ですが、実際にやってみました。

●牛乳のカロリー・栄養素



牛乳コップ一杯200cc(206g)あたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:138kcal
タンパク質:6.8g (27.2kcal)
脂質:7.83g (70.47kcal)
炭水化物:9.89g (39.56kcal)

飲料としてはずば抜けて高タンパク質で、なおかつ十分な筋肉合成カロリーが含まれており、バルクアップ筋トレの筋肥大に対して高い効果があることがわかります。

同量の牛乳に含まれるビタミン類は以下の通りです。

ビタミンA:78.28μg
ビタミンD:0.62μg
ビタミンE:0.21mg
ビタミンK:4.12μg
ビタミンB1:0.08mg
ビタミンB2:0.31mg
ナイアシン:0.21mg
ビタミンB6:0.06mg
ビタミンB12:0.62μg
葉酸:10.3μg
パントテン酸:1.13mg
ビオチン:3.71μg
ビタミンC:2.06mg

特に、糖質やタンパク質の代謝に関与し、筋肉合成プロセスで重要な働きをするビタミンB群が多く、ビタミン的にも筋肥大に有効であることがわかります。

同量の牛乳に含まれるミネラル分は以下の通りです。

ナトリウム:84.46mg
カリウム:309mg
カルシウム:226.6mg
マグネシウム:20.6mg
リン:191.58mg
亜鉛:0.82mg
銅:0.02mg
ヨウ素:32.96μg
セレン:6.18μg
モリブデン:8.24μg

骨の材料となるカルシウムのほか、ホルモン分泌に関与する亜鉛、窒素代謝(筋肉の新陳代謝)に関わるモリブデンが特に多く含まれ、やはり身体作り・筋肉作りに優れた食品であることがわかります。

●筋トレ向き牛乳漬けステーキの作り方



今回用意したのは、100g150円の格安外産ステーキ肉で、時おり購入しますが独特の臭みがあります。

牛肉の臭みの元となるのは餌の牧草で、国産牛や海外ブランド肉など配合餌料で育てられた牛肉にはない臭みがあります。

配合餌料と牧草を比べた場合、はるかに牧草のほうが安価ですので、格安肉=臭い、というのはある意味しかたのないことです。

今回は、このような格安ステーキ肉を写真のように牛乳に一日漬けました。



牛乳に漬けてから24時間が経った状態です。



牛乳から取り出したのが、こちらの写真です。焼く前によく洗い、牛乳成分を取り除きます。



実際に、この牛乳漬けステーキ肉を焼いていきますが、まずは、フライパンに塩コショウをふって空煎りして胡椒の風味を高めます。



胡椒の香りがたってきたら、焦げる前にステーキ肉を入れて焼いていきます。



何度かひっくり返しながら、しっかりと焼き上げて出来上がりです。



たしかに、いつも感じる臭みはかなり薄くなり、なおかつ食感も柔らかくなりました。

是非、お試しください。



スポンサーリンク

※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。

※当サイトでは厚生労働省・Wikipediaなどの公共性・信頼性の高いサイトの情報を元に科学的な根拠(エビデンス)を担保しています。それらについてはこちらの一覧をご参照ください。



アームレスリング器具とパワーリフティングギア専門店