Search

【筋トレ向きじゃがいも少量コロッケ】高タンパク質化したレシピのご紹介



コロッケは炭水化物と脂質が多く、タンパク質が少ないのであまり筋トレに向く食事メニューとは言えません。

そこで、筋トレ後の食事メニューとして高タンパク質化・最適化したコロッケを作りましたので、その作り方をご紹介します。


●筋トレ向きじゃがいも少量コロッケの材料



こちらが、筋トレ向きコロッケの材料で、じゃがいも1個に対して合挽きミンチ約250とかなりの高タンパク質化をはかりました。

また、パン粉には小麦粉や溶き卵がいらない「ラク揚げパン粉」を使って時短化しています。

●筋トレ向きじゃがいも少量コロッケの作り方



まずは、じゃがいもの皮をむき、火が通りやすいように適度な大きさにカットして茹でていきます。



このように、じゃがいもに透明感が出てきたら、しっかりと茹であがった目安です。



じゃがいもを潰します。



じゃがいもを潰したら、そこに合挽きミンチを加え、適度な大きさと形に整え、ラク揚げパン粉をまぶしていきます。



準備ができたら、コロッケを揚げていきます。なかまでしっかりと火が通るように、まずは中火でじっくりと揚げ、最後に強火でカラっと揚げます。



揚げおわりました。後は盛りつけるだけです。



見た目は、普通のコロッケとなんら変わりません。



コロッケを割ってみると、じゃがいもよりも肉のほうが遥かに多く、高タンパク質で筋トレに適していることがわかります。

味としては、コロッケとメンチカツの中間的な味わいで、なかなか美味しかったです。

是非、お試しください。



スポンサーリンク



※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。

※当サイトでは厚生労働省・Wikipediaなどの公共性・信頼性の高いサイトの情報を元に科学的な根拠(エビデンス)を担保しています。それらについてはこちらの一覧をご参照ください。

トップ競技者が開発・選定する高品質ギア


話題の最新進化型グリップ販売開始

話題の最新進化型グリップ販売開始





スポンサーリンク


アームレスリング器具とパワーリフティングギア専門店

話題の新ブランド

当サイトでは、北米に大きなシェアを持ち、リーズナブルな価格ながら高品質で知られる「LARA★STAR」製品を取り扱っています。
LARA★STAR製品一覧はこちら

ヨーロッパ発世界ブランド