【筋肥大筋トレむきサラダチキン唐揚げ】バルクアップのために筋肉合成カロリーを加えるコンビ二料理レシピ



コンビ二サラダチキンに筋肉合成カロリーを追加し、なおかつ美味しくいただける「サラダチキンから揚げ」の作り方をご紹介します。

●筋トレにサラダチキンが向いている理由

・圧倒的に高タンパク質低カロリー



こちらが、一般的なサイズのコンビ二サラダチキンのパッケージで、記載されているカロリー・栄養素は以下の通りです。

カロリー:133kcal
タンパク質:26.1g
脂質:2.6g
糖質1.2g

非常に高タンパク質・低カロリーでダイエット筋トレなどに最適であることがわかります。

・筋肥大にはタンパク質だけでは足りない

Arroz-con-Pollo.jpg

しかし、筋肥大バルクアップ筋トレの場合は、タンパク質だけでなく、摂取したタンパク質をアミノ酸に分解し、さらにそれを人間の骨格筋に再合成するための「筋肉合成カロリーが必要となり」、その適正量は「タンパク質の2~3倍のカロリー(脂質・糖質)」です。

そこで、今回はコンビ二のサラダチキンをベースに、一手間加えて筋肥大に最適な調理を行いましたので、是非、ご参照ください。

●筋トレ向きサラダチキンから揚げの作り方



こちらが今回の材料の、コンビ二サラダチキン、唐揚げ粉です。



適度な大きさにカットしたサラダチキンを、唐揚げ粉と一緒にビニール袋に入れてシャカシャカと粉をまぶしていきます。

生の鶏肉と違い、粉がややなじみにくいので、この状態で30分ほど放置することが、衣をはがれにくくするポイントです。



衣がなじんだら、さっそく揚げていきます。通常の唐揚げだと、中まで火を通すために、最初は弱火でじっくりと揚げ、最後に強火でカラッと揚げる必要がありますが、今回はそのまま食べられるサラダチキンがベースですので、強火で表面をカラッとあげるだです。



両面をしっかりと揚げていきます。



揚がったから揚げは、油切りのトレーに並べ、トレーを水を入れた鍋の上に置き加熱し、余分な脂質を熱で流し落とします。これは、揚げ物のカロリーを落とすのに重宝する料理テクニックなので、是非、覚えておいてください。



後は、トッピングして完成です。非常に美味しく、なおかつ通常の唐揚げよりはかなりヘルシーですので、是非お試しください。



スポンサーリンク

※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。

※当サイトでは厚生労働省・Wikipediaなどの公共性・信頼性の高いサイトの情報を元に科学的な根拠(エビデンス)を担保しています。それらについてはこちらの一覧をご参照ください。



アームレスリング器具とパワーリフティングギア専門店