【筋トレむき焼き鳥親子鍋】バルクアップに最適な食事メニューレシピのご紹介



バルクアップ筋トレの後に最適な、タンパク質たっぷりの焼き鳥親子鍋の作り方をご紹介します。美味しくて身体の芯まで温まります。


■鶏もも肉(皮なし)のカロリー・栄養素

●高タンパク質で筋肥大に最適



こちらが、今回の材料の鶏もも肉(皮なし)・豆腐・卵・もやし・ニラです。主要なタンパク質食品の鶏もも肉(皮なし)のカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:116kcal
タンパク質:18.8g (75.2kcal)
脂質:3.9g (35.1kcal)
炭水化物:0g (0kcal)

高タンパク質低カロリーで筋トレに最適な食材であることがわかります。また、あわせて卵のほか、植物タンパク質が豊富な豆腐+もやしも使っていきますので、かなりの高タンパク質鍋です。

■焼き鳥親子鍋の作り方レシピ

●鶏もも肉を焼いてから煮るのがポイント



まずは下ごしらえです。鶏もも肉は皮をはぎ、余分な脂身もカットして一口大にカットしておきます。

また、卵はあらかじめ茹で玉子にし、殻をむいておきます。



鍋のスープは、ダシ+醤油+味噌で作りました。



鶏もも肉は、鍋に入れる前にフライパンで焼き鳥にします。クッキングバーナーで炙り、焦げ目と風味をつけていきます。



鶏もも肉が焼き上がったら、フライパンに鍋のスープを入れ、焼き鳥のエキスも絡めとって鍋に入れます。



焼き鳥を鍋に入れたら、豆腐と茹で玉子も鍋に入れて煮込んでいきます。



豆腐にあらかた火が通ったら、もやしとニラを入れ、蓋をして蒸しながら煮込みます。



出来上がりました。



とても美味しくて、バルクアップ効果も最強レベルなので、是非お試しください。

■身体を鍛えたら食事にも気を使う



筋トレの効果を高める食事や栄養の知識がなければ、いくらトレーニングだけを頑張っても大きな効果は得られません。下記の記事では、三大栄養素に関する基礎知識から、筋トレ目的別の食事メニューの基本理論、具体的な食品食材、実際の筋肥大期と減量期の食事レシピを解説・ご紹介しています。

▼筋トレの効果を高める食事

【目的別筋トレ食事メニュー例】増量期・減量期の食品と具体的レシピを紹介


※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。

※当サイトでは厚生労働省・Wikipediaなどの公共性・信頼性の高いサイトの情報を元に科学的な根拠(エビデンス)を担保しています。それらについてはこちらの一覧をご参照ください。



スポンサーリンク