【筋トレ最適化カレー】ジャガイモのかわりに豆腐を使い赤身牛肉と牛スジも入れる



ジャガイモのかわりに豆腐を使い、大量の赤身牛肉と牛スジを入れて、筋肥大バルクアップ筋トレに最適化したカレーの作り方をご紹介します。



■筋肥大に最適なカロリー・栄養素

●高タンパク質低カロリー具材+カレールー



こちらが、今回の材料の赤身牛肉・牛スジ・焼き豆腐・水煮大豆・玉ねぎ・カレールーです。

具材はいずれもトップクラスに高タンパク質低カロリーで、そこに筋肉合成カロリーとしてカレールーが加わるため、筋肥大バルクアップに最適なカロリー・栄養素となっています。

■筋トレ最適化カレーの作り方

●圧力鍋でふっくらと煮込むのがポイント



まずは、玉ねぎを炒めていきます。焦げないように、弱火でじっくりキツネ色になるまで炒めるのが最初のポイントです。



炒め上がりました。



炒めた玉ねぎはブイヨンの要ですので、圧力鍋の一番底に敷きます。



続いて、煮込み用赤身牛肉をテフロン加工のフライパンで油を使わずに炒めます。



赤身牛肉にあらかた火が通ったら、ボイル牛スジを加えて軽く炒めます。



肉類が炒め上がったら圧力鍋に入れます。



最後に、炒めた肉の脂が残ったフライパンで焼き豆腐と水煮大豆を軽く炒めます。



炒め上がりました。



炒め作業に使ったフライパンに水を入れ、旨味成分を取り込み、煮込み用の水に使います。



圧力鍋の準備が整ったら、中火で30分加熱します。



炊き上がりました。



ルーは火を止めて必ず余熱で溶かします。加熱しながらブクブクとルーを溶かすと、せっかくのスパイスの香りが飛んでしまうので注意してください。



美味しくて、筋肉にも最高レベルに良いので、是非お試しください。


※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。

※当サイトでは厚生労働省・Wikipediaなどの公共性・信頼性の高いサイトの情報を元に科学的な根拠(エビデンス)を担保しています。それらについてはこちらの一覧をご参照ください。



スポンサーリンク